文春オンライン

「AEDを探せ!」現場に響いた叫び声…自衛官候補生が射撃訓練中に発砲 “誤射ありえない”元陸自幹部が指摘

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

 

18歳の自衛官候補生の男が訓練中に銃を発射し、2人が死亡した事件。発生直後、射撃場の周囲が騒然とする様子を近所の住民が目撃していた。

岐阜市の陸上自衛隊日野基本射撃場 訓練中に自衛官候補生が発砲した

自衛官候補生が訓練中に発砲、2人死亡

14日午前9時半ごろの岐阜市。

 

緊急車両のサイレンが鳴り響く中、自衛隊員らが走る。

ADVERTISEMENT

慌ただしく出て行く救急車

慌ただしく救急車が出て行く様子もあった。

 

14日午前9時過ぎ、岐阜市の陸上自衛隊日野基本射撃場で、自衛官候補生の男(18)が訓練中に小銃を発射し、隊員3人が撃たれた。

 

撃たれたのは52歳の男性隊員と25歳の男性隊員2人で、52歳と25歳の隊員、2人の死亡が確認された。

 

事件直後の現場には、仲間の隊員に肩を抱かれて歩く自衛隊員の姿もあった。

 

発砲した自衛官候補生の男(18)は、殺人未遂の現行犯で警察に逮捕された。男は、3月末に名古屋市の守山駐屯地の第35普通科連隊に入隊したばかりで、6月末まで新隊員向けの訓練を受ける予定だったという。

「AEDを探せ!」隊員の叫び声が…

この日、日野基本射撃場では、訓練生およそ70人と教官などおよそ50人が参加して訓練が行われていた。

 

自衛官候補生の男(18)は、実弾射撃訓練中の午前9時8分頃、指導部の自衛官3人に向け自動小銃を発射した。

 

事件発生直後、射撃場の周囲が騒然とする様子を近所の住民が目撃していた。

 
 

近隣住民:
隊員の方のすごい叫び声が聞こえたので外を見たら切迫してるような感じで、「お~い!」とか「早くしろ!」と聞こえました。その後に「AEDを探せ!」というのは聞いています。パトカーとかも来る前だったので、火事だと思って。

 

この日は、男の入隊後4回目の実弾射撃訓練だった。使用した銃は89式5.56mm小銃で、男は発砲した後、周囲の自衛隊員に取り押さえられた。

 

現場の射撃場のすぐ横には住宅街が広がっている。この射撃場は、以前は屋外施設だった。

 

自衛隊の広報誌によると、昭和30年代から陸上自衛隊が使用していたが、近隣住宅が増えたことなどから、2015年に屋内施設にしたという。

関連記事