文春オンライン

「食事は1日1回、むき出しの電気コードを人体のあらゆる場所に…」松永死刑囚が行った「通電」という虐待

北九州監禁連続殺人事件、松永太の素顔#3

2023/08/29

genre : ニュース, 社会

むしり取られた1億円

 時期は前後するが、従業員としてワールドに最後まで残っていた山形さんも、彼の母親・E子さんがカネを持っていることを松永に知られ、1億円を超える額をむしり取られている。それが最初に始まったのは本社ビルができた85年のこと。私の手元には、証拠として使われた後に福岡地検から返却された、E子さんの書き残した出納帳のコピーがある。以下、その内容の一部である(読みやすいよう和暦は西暦に、数字の表記も変更)。

○85年

 3月22日 29万3500円 ワールド布団代

 12月24日     100万円 車代松永氏より買う
 

○86年

 2月10日 12万3000円 A信販支払

 2月10日 11万8600円 B信販支払

 3月19日 29万6425円 C信販支払

 4月1日           50万円 車修理代他

 10月8日         30万円 現金希望
 

○87年

 2月16日          90万円 カーペット代

 3月22日          10万円 現金希望

 4月7日        150万円 クレジット

 7月10日          35万円 車検代

 ここまでを見てわかる通り、E子さんから息子である山形さんを通じて、松永に毎年多額の現金が流れていっている。だが、この3年間は序章に過ぎない。以降は年間の要求が10回以上になり、金額も莫大になっていくのだ。判読可能なものだけになるが、その年ごとの合計金額は以下の通り。

○88年   882万4620円

○89年         3432万円

○90年   652万1599円

○91年 1135万3205円

○92年 1764万0519円

 じつはこの92年10月に、松永は緒方と山形さんを伴って柳川市から逃亡する。しかし山形さんは松永の暴力に耐えかねて、移転先の北九州市から逃亡するため、同年12月には松永との繋がりは無くなるのだが、E子さんのもとには、その後もローン会社からの請求が次々とやってきた。

ADVERTISEMENT

中学生時代の松永太死刑囚(中学校卒業アルバムより)

 さらには、山形さんにカネを貸していたと偽るなどして、元ワールドの従業員などもたびたび請求に訪れており、85年から98年までの13年間で、彼女は計1億4420万5752円を支払っていたのだった。

関連記事