文春オンライン

「あのときの拙者の活躍、覚えていますか?」戦国最後の合戦から30年…勝者と敗者の“奇妙な往復書簡”の結末は

2023/09/15

source : 文藝出版局

genre : ライフ, 歴史, 社会

note

 戦国小説集『化かしもの 戦国謀将奇譚』の著者・簑輪諒が、小説の舞台裏を戦国コラムで案内する連載の第7回です。(全7回の7回目/前回を読む)

◆◆◆

 慶長19年(1614)、天下人・徳川家康は全国の大名の軍勢を率い、徳川幕府に従わぬ最後の抵抗勢力である、大坂城の豊臣氏を攻めた。世にいう、「大坂の陣」である。

ADVERTISEMENT

 豊臣方は必死に抗戦したが、翌慶長20年(1615)、滅亡。以後、250年以上にわたって、江戸時代という泰平の世が続いていく。

 秋田藩・佐竹家の重臣、戸村義国(とむらよしくに)は、この大坂の陣の緒戦である「今福の戦い」で大いに活躍し、将軍・徳川秀忠から直々に武功を褒賞され、感状(戦功を讃える賞状)と青江次直の刀を下賜(かし)された。

 それから30年後――正保2年(1645)、55歳になっていた義国のもとへ、奇妙な書状が届けられる。

 差出人の名は、桑名藩・久松松平家の家臣、高松久重(たかまつひさしげ)。かつて、今福の戦いにおいて豊臣方として、戸村たち佐竹勢と戦った男だという。

©AFLO

高松久重の依頼

 高松久重は天正15年(1587)の生まれで、戸村より4歳年上にあたる。彼はもともと讃岐(香川県)の大名・生駒氏に仕えていたが、朋輩と諍(いさか)いを起こして出奔し、豊臣方に身を投じて大坂の陣に参加した。

 戦後、豊臣方の「大坂牢人」は厳しい残党狩りにあったが、やがて幕府から牢人赦免の達しが出ると、高松も再仕官。いくつかの主家を渡り歩いた末、最終的に桑名藩に落ちついた。

 そんな高松が、一面識もない戸村に尋ねたのは、簡単に言えば

「今福の戦いにおける私の働きを、覚えておられるでしょうか」

 という話であった。

「かつて、私は豊臣方の木村重成(きむらしげなり)殿の部隊に属し、今福の戦いにおいて佐竹勢と槍を合わせました。

 そのときの様子や、己の働きのほどを、別紙の『覚書』に記しましたので、はなはだ恐れ多きことながら、是非とも戸村殿に内容をご確認頂き、間違いがないかどうか、吟味して頂きとうございます。

 そうして己が働きを、しかと子孫に伝えたいのです」