文春オンライン

「ウィンウィンでしょ」「どうせ立ちんぼだろうが」20代の若者から60代くらいまで…歌舞伎町で買春する男たちの“素顔”とは

『ルポ 歌舞伎町の路上売春』より #3

2023/11/27

genre : ニュース, 社会

 立ちんぼスポットとして知られる大久保公園周辺の路上。周辺にはラブホテルが立ち並び、昔から売春目的の“客待ち”は多く、警視庁の摘発の目が光るエリアといえる。それにもかかわらず、立ちんぼをする女性も、彼女たちを物色する男性も後を絶たない。彼らはどのような思いで大久保公園周辺に集っているのか。

 ここでは、毎日新聞社会部記者の春増翔太による著書『ルポ 歌舞伎町の路上売春』(ちくま新書)の一部を抜粋。現地で聞かれた声を紹介する。

*記事に登場する「カタカナ」表記の名前は仮名です

ADVERTISEMENT

◆◆◆

隣り合わせの危険

 この一帯にやって来る人が増えれば、それだけトラブルも増える。あたりには酔客も多い。大勢の人の目があるとはいえ、路上に立つ女性たちは、そこに身を置くだけで、リスクを抱えている。

「おまえどうせ立ちんぼだろうが」「言えるものなら言ってみろよ」

 ある夜、公園の周辺を歩いていると、激しい罵声が耳に飛び込んできた。目を向けると、さっきまでガードレールに腰をかけて客を待っていた女の子と、明らかに酔っ払った中年男性が怒鳴り合っている。男性は4、5人のグループの1人で、「証拠でもあんのか」と息巻いている。

写真はイメージ ©️AFLO

 しばらく成り行きを見ていると、状況が飲み込めてきた。女の子は、男性グループの別の1人が、自分たちの横を通り過ぎたときに体を触ったと主張していた。その男はそのまま歩いて行ってしまったが、「おい、おまえ待てよ」と彼女が大声で呼び止めると、同じグループの別の男性が「何だ」と突っかかってきたという。それが、激高していた中年男性だった。

「おまえじゃねえんだよ。仲間の1人が、うちの体を触ってんだよ。そいつ連れて来いよ。警察に届けるぞ」。女性も負けじと言い返している。それに対して男性が怒鳴り返したのが、先ほどの罵声だった。罵り合いならよくある光景だと思いながら、私は様子を見守った。

 つかみ合いになろうかという時、近くにいた2人組の警察官が走ってきた。間に割って入ると、中年男性はおとなしくなったが、女の子は止まらなかった。

「こいつの仲間が私の尻、触っていったんだよ。捕まえてよ」

 警察官は彼女たちをなだめつつ、男性グループにも話を聞いている。聴取は5分ほどで終わり、警察官は彼女に何かを言って立ち去り、男性たちもどこかへと消えた。騒ぎを遠巻きに見ていた人たちもいなくなると、女の子だけがその場に残っていた。

 私は彼女を知っていた。いつも公園の周りの同じ場所に立っていて、何度か話しかけたことがある。人をあまり寄せつけない雰囲気があり、自分のことは話したがらない子だった。この日はトラブルの直後で気持ちが高ぶっていたせいか、「大変だったね」と声をかけると、大きなため息とともにこう言った。

「最悪だよ。たまにいるんだよ、ああいうクソおやじ。酔っ払って何してもいいと思ってんだろうね。むかつくし、これについては向こうが100%悪いから、警察に来てもらってよかったけど、警官には「互いの言い分が違って確認が取れない」って言われただけだった」

 もう何年も路上に立ち続け、何度も似たような経験をしてきたという。彼女から通行人にちょっかいを出すことはないが、酷い目にあっても泣き寝入りだ。

関連記事