文春オンライン
《埼玉本庄5歳児虐待死》判決は懲役13年!“死を呼ぶペテン師”石井陽子は、別のシングルマザーも狙っていた「一歩間違えば私も同じ立場に…」

《埼玉本庄5歳児虐待死》判決は懲役13年!“死を呼ぶペテン師”石井陽子は、別のシングルマザーも狙っていた「一歩間違えば私も同じ立場に…」

埼玉本庄5歳児虐待死公判#12

source : 週刊文春Webオリジナル

genre : ニュース, 社会

 2022年3月、埼玉県本庄市の一軒家の床下から、虐待死した柿本歩夢くん(当時5)の遺体が発見された事件。無抵抗の男児に暴行を加えてきた大人3被告のうち、犯行を主導したとされる無職の石井陽子(56)が、11月24日、さいたま地裁で懲役13年の有罪判決を受けた。歩夢くんの実母・柿本知香(32)、石井の内縁夫・丹羽洋樹(36)は、既にそれぞれ懲役10年、同12年の有罪判決を受けている(ともに控訴)。

 石井は罪に問われた12の事件のうち、傷害致死のみ「手を出していないし、指示もしていない」と否認していた。だが、この日の判決は、石井が主導的な立場にあったと認定した。

〈複数人の大人が、幼い子供相手に行った一連の暴行は、執拗で、悪質極まりなく、わずか5歳で、適切な救命措置もとられずに生き絶えていった被害児の肉体的・精神的苦痛は計り知れない。そればかりか、被告人らは、犯行が発覚しないようにと、被害児の遺体に生ゴミ用の防虫脱臭剤を撒いて自宅の床下に埋めるに至っている〉

 

〈公判廷において被告人が一応の反省の弁を述べてはいるものの、不合理な弁解に終始して、自らの責任に真に向き合っているとはいい難い〉

 

(判決より)

 石井の罪深さは、法廷で明らかになった事実だけにとどまらない。周囲の人間を欺き、言葉巧みに支配して、様々な被害をまき散らしてきた。その地続きにあるのが、歩夢くんの死だった。

ADVERTISEMENT

 歩夢くんを冷たい床下の土中に埋めた同年1月19日。石井と丹羽は、丹羽の親友だったAさんの元に押しかけ、架空のトラブルを理由に金をだまし取ろうした。そして、翌2月下旬のある日、2人は丹羽の友人だったBさんの元妻・C子さんを訪ねている。石井が密かに取り込もうとしていた、柿本母子とは別のシングルマザーだった――。

石井陽子被告(ANNより)

◆◆◆

「石井はタチの悪い詐欺師です。」

「私の誕生日に、突然ケーキを持ってやってきました。私はいま実家住まいなので、立ち話をしただけでしたが、2人とも特に変わった様子もなく。丹羽さんは私の息子を『大きくなったなあ』と抱き上げました」(C子さん)

 2人が歩夢くんの死体遺棄容疑で逮捕されたのは、その約10日後のことだ。

関連記事