文春オンライン

「私たちの情炎は火と燃えさかりました」笠置シヅ子が9歳下の吉本興業御曹司と生涯一度の恋に落ちるまで

source : 提携メディア

genre : エンタメ, 昭和史, 芸能, テレビ・ラジオ

生涯、未婚を通した笠置シヅ子だが、大恋愛をしたこともあった。作家の青山誠さんは「太平洋戦争が始まり、ジャズを歌っていたシズ子は敵性歌手の烙印を押され、長い歌手人生のなかで最悪の時期を迎えたが、最愛の男性と巡りあったのもこの頃。女性の方が9歳も上という当時では考えられない恋は、戦時下だから成就した」という――。

※本稿は、青山誠『笠置シヅ子 昭和の日本を彩った「ブギの女王」一代記』(角川文庫)の一部を再編集したものです。

笠置シヅ子(写真=朝日新聞社『アサヒグラフ』1950年1月18日号/PD-Japan-oldphoto/Wikimedia Commons)

シヅ子のタイプは上品で育ちが良さそうな貴公子

それは昭和18年(1943)6月28日のことだった。名古屋へ地方巡業にでかけたシズ子は、親交のある新国劇の辰巳柳太郎が同市内で公演していることを知る。挨拶をしようと彼の楽屋を訪れ、そこで偶然に出会った男性と恋に落ちてしまう。

ADVERTISEMENT

シズ子が楽屋に案内された時、辰巳はファンの芸妓(げいこ)衆に囲まれて楽しそうにしていた。狭い室内は足の踏み場もない状況。あまり長居しては迷惑になりそうなので、挨拶だけすませて帰ることにした。楽屋入口の暖簾に手をかけた時、外の廊下を所在なげにウロついている青年の後ろ姿が目に入る。辰巳を訪ねて来たようだが、女性だらけの楽屋に入ることを躊躇していたのだろう。

青年に声をかけて、中に入るよう促そうとしたのだが……振り返った彼の顔を見て衝撃がはしる。声をだせずに、立ち尽くしてしまった。

眉目秀麗でアメリカの映画俳優のジェームズ・スチュアートに似た雰囲気。と、いうのがシズ子の青年の第一印象だった。上品で育ちが良さそうな貴公子タイプは、ストライクゾーンのど真ん中。彼女は大阪の松竹楽劇部時代に恋焦がれた男性がいたのだが、それも名家出身のイケメンだったという。

相手もシズ子に気がついたようで、チラリとこちらに視線を向けてきた。視線があわさってドキドキと胸が高鳴る。お互い黙ったまま会話することなく、しばらくすると青年は楽屋に入ることを諦(あきら)めて立ち去った。それはほんの一瞬の時間だったと思うのだが、残像が目の奥に焼きついて消えない。

関連記事