文春オンライン

「華やかな宮脇咲良と比べて…」LE SSERAFIM日本人メンバー・カズハ(20)に対する、韓国での“リアルな意見”〈現地記者が解説〉

 2月19日に3枚目のミニアルバム「EASY」をリリースしたLE SSERAFIMが、世界のPOPシーンを熱くしている。

 発売直後から日本のオリコンチャート1位をはじめ、iTunesのアルバムチャートはアメリカ、イギリス、日本などで1位を記録。Spotifyではアルバムリード曲の「EASY」が韓国、シンガポール、台湾など13の国と地域で、発売初日に「Daily Top Song」のトップ10入りした。

 デビューからたった2年で世界から注目されるアイドルグループとなったLE SSERAFIMには、元HKT48・元IZ*ONEのサクラ(宮脇咲良)と、最後にメンバーに選ばれたカズハ(中村一葉)という2人の日本人が含まれている。

ADVERTISEMENT

韓国ポップカルチャーの祭典「KCON 2022 JAPAN」に登場したLE SSERAFIM。(左から)キム・チェウォン、サクラ、カズハ、ホ・ユンジン、ホン・ウンチェ ©時事通信社

 10年以上の芸歴と多数のファンを持ち、キラキラと輝く「王道アイドル」として、デビュー当初から大衆を虜にしたサクラと比べ、カズハは、最も成長したメンバーと言えるだろう。彼女は今、韓国のファンから格別の支持を集めている。

一際目を引いたカズハの経歴

 2022年4月8日午前0時、BTSを擁する芸能事務所・HYBEから新たに放たれるガールズグループ「LE SSERAFIM」5人目のメンバーとしてカズハの姿が公開されると、たちまち話題をさらった。

 3歳からクラシックバレエを習い、デビュー直前までオランダの名門バレエスクールに留学していたというカズハのプロフィールが一際目を引いたのだ。

デビューメンバーとして公開されたカズハの写真(LE SSERAFIM公式インスタグラムより)

 韓国において、バレエは韓国舞踊と並んで高貴なイメージを持つ舞踊である。アイドル養成所ではないところでパフォーマンスを磨いたという彼女の経歴は、デビュー前から「従来のK-POPアイドルとは何かが違う」ことを予感させた。

関連記事