文春オンライン

「勝者のメンタリティなんです」「“面白い”のハードルを絶対に下げるな」…担当編集者がシビれた、高橋留美子の“レジェンドたる所以”

高橋留美子・歴代担当編集者インタビュー #4

source : 週刊文春Webオリジナル

note

 1978年に『勝手なやつら』でデビュー以来、つねに漫画界の最前線をひた走ってきた高橋留美子。46年におよぶその軌跡をまとめた『高橋留美子原画集 COLORS 1978-2024』が2024年3月29日に発売された。

「るーみっく」ファンの熱烈な支持を集め、発売から1週間で売上1万部を突破。それを記念して、好きなキャラを高橋留美子が直筆で描きおろすサイン色紙キャンペーンも開催される(2024年4月30日まで)など、勢いは増す一方だ。

「週刊文春」2024年4月18日号(4月11日発売)では、この貴重な原画集から選り抜いたカットと担当編集者3名のインタビューを掲載。「文春オンライン」ではその特別版を公開する。

ADVERTISEMENT

 後編では、高橋留美子の歴代担当編集者である森脇健人さん、有藤智文さん、岡本吏莉さんに、それぞれが関わった作品の制作秘話をインタビュー。『うる星』と『めぞん』掛け持ち連載時の列伝や飽くなき好奇心、「少年漫画家としてもっとも大切にしていること」など、3名がシビれた珠玉のエピソードを紹介する。(全4回の4回目/最初から読む

ナチュラルな「勝者のメンタリティ」

―― 岡本さんが「高橋先生にシビれた」ポイントを教えていただけますか?

岡本 有藤とはちょっと観点が違うのですが、2つあって。まず、すごく人格者。

森脇 ああ……とてもわかるなぁ。

岡本 高橋先生とお仕事をしていて常々思うのが、社会人として至極真っ当なんです。価値観とか人付き合いにおける思いやりとか、相手を考える想像力とか、すごく人間愛がある。

岡本さんが「何十回と読んだ」名作、『犬夜叉』。少年漫画らしい熱いバトルが展開された/『高橋留美子原画集』より

 その意味で本当にまともである一方で、やっぱり普通の人にはない、一言でいうなら「勝者のメンタリティ」を持っているんですよね。みんなが折れたり諦めたりする場面でも「しょうがない」と思わないというか。「どうせ私には無理」と考えてしまう人は、あの領域までたどり着けない。年月を経て得たものなのか生まれついてのものなのかはわかりませんが、先生はいつもナチュラルに「勝者のメンタリティ」を宿している。本当にすごいと思います。

―― 先ほどの有藤さんのお話にも通じますが、最後までやり遂げる強い意志をお持ちなんですね。