昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

甲子園、サマータイム「俺も苦労したのだからお前も頑張れ」の終わらない病理

細部にホコリが溜まると、ヤバいゴミ屋敷になる展開について

2018/08/23

キャンセル料払って東京五輪を返上したほうが安上がりなんじゃないでしょうか

 少しは開催時期をずらすとか何かやるのかと思ったら、サマータイムだそうですよ奥さん。誰なんだ奥さんって。時計の針を2時間ぐらいずらしてどうするんだよ。というか、システム改修も大変だし、インフラその他対応コストのことを全く考えてないだろうなと思うわけです。「そんなもの、2時間早く起きればいいだけですよ」とか本当に日本の権力者が考えていそうなのが怖ろしい。誰も止められないのか、夏の酷暑の甲子園みたいに。

 しまいには、船田元さんまで出てきてサマータイム問題は「律儀で真面目な国民ならば十分乗り切れる」とか言い始めるし、さらには学校に対して「東京五輪メダル『銀』まだ足りない、小中学校でも回収へ」(8月20日 日経電子版)とか銀の徴発をやり始め、そして東京五輪ボランティアが集まらない懸念で中学生高校生までボランティアに半強制で徴用されることになるかもしれない、というネタまで報じられて幻滅です。いったい何のためのオリンピックなんでしょう。

 もちろん、オリンピックのホストである東京都民として恥ずかしくない五輪にしたい、成功させたいという気持ちはある一方、小池百合子都知事がアホを晒したりエンブレムだ国立競技場だとケチがついて2号線も身動きが取れなくなった結果、無計画に進めたしわ寄せが都民にやってくるということでは困るわけです。これは本当にヤバい。キャンセル料払っても東京五輪を返上したほうが安上がりなんじゃないでしょうか。

©iStock.com

細部にホコリが溜まって非効率なヤバいゴミ屋敷みたいになる展開

 それもこれもアベ政治が長く続いて閉塞感が蔓延しているとか言われることもあるのかもしれませんが、あまり書きたくないけどかなり本格的に日本のシステムが疲弊していて大本営が能無しで状況認識も満足にできる状態にない、ということなんじゃないのか、とすら思うのです。明らかにヤバイ施策がそのまま発表されたり、どう考えてもヤバイ状況に対して誰に忖度をしているのか分からないぐらい問題が解決されないまま放置されたりしているんです。もちろん、大枠で考えれば景気も悪くなかったし、日常生活レベルで概ね満足しているから支持率もあれだけメディアに叩かれながらも5割前後でうろうろしていて長期政権になっているんだとは思いますが。

 ただ、うっかり「まあ、飯が食えているんだからこれでいいか」と思っていると、神が宿るべき細部にホコリが溜まって非効率なヤバいゴミ屋敷みたいになってしまっているのが日本なのかもしれません。昭和は過ぎ、もう平成もそろそろ終わろうかというところで、さすがに炎天下に高校生に野球させたりとか、世界各国から人呼んできて競技だ観光だって、正気の沙汰とはとても思えないんですけど。そりゃいろんなところに配慮はいるのかもしれませんが、さすがにもうちょっと考えましょうよ。ねえ。ちょっと。