文春オンライン

「当時の私は、いてもいなくてもいい存在だった」自信のなかったあやまん監督(42)が、下ネタでブレイクするまで

記事本文に戻る

関連記事