昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

新元号「令和」、中国人はどう捉えた? 「反日報道」から「ニセ典拠」まで

「令和」にも典拠となる中国の史書が存在する?

2019/04/04

 2019年4月1日、菅官房長官により発表された新元号「令和」。日本の改元は中華圏での関心も高く、発表直後に私のスマホには日本のメディアに先駆けて『網易』『新浪』といった中国のネットポータルサイトや台湾の『聯合報』、香港の『蘋果日報』といったメディアの速報通知がどんどん飛び込んできた。

 そもそも中国は元号発祥の国であり、1911年の辛亥革命まで元号が使われてきたので(翌年を元年とした中華民国独自の民国紀元も、台湾ではいまでも現役だ)、元号への関心はひときわ高いのだ。ちなみに元号は、現代中国語では「年号」と書かれることが多い。

※新元号発表直後の筆者のスマホの通知欄。日本語のYahoo!ニュースとほぼ同時に中華圏のニュースサイトから速報が出ているのがわかる。ちなみに上から順に台湾・香港・中国・中国・台湾・中国・日本・中国である

「『脱中国化』のメッセージを持っているのか?」がポイント

「令和」の出典は『万葉集』巻五「梅花の歌三十二首并せて序」にある「于時初春令月 気淑風和 梅披鏡前之粉 蘭薫珮後之香」という一節で、国書から元号が採用されるのは初とされている(ただし上記の文言は、中国古典である『文選』巻十五に収録された張衡「帰田賦」に酷似した字句があり、その影響を受けたものだった可能性が高い)。

 ゆえに今回、特に中国のメディアで注目されたのが、令和の元号が「脱中国化」のメッセージを持っているか否かという話題だった。人民日報傘下の大手紙『環球時報』が、元号の発表直後に「脱中国化」をいったん報じてから、『万葉集』の詩歌にも中国古典の影響が見られることや、令和の典拠が『万葉集』内の漢文で書かれた個所だったことを指摘して「中国の痕跡を消し去ることはできなかった」と見出しを修正して記事を差し替えたのが代表的だ。

 ほかにも、中国の大手メディアが4月1日にウェブ配信した、元号関連報道の見出しを見てみよう。