昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載テレビ健康診断

2019/04/16

「何かスキャンダルがおありになったんですって」

「何かスキャンダルがおありになったんですって」と昔の古傷を蒸し返し、歌は苦手だっていう指原にその場でムリヤリ歌わせて聞いたあと「まあ」って言った顔とか一瞬の間とか。悪気はぜんぜんないので可笑しくてたまんなかった。トークで情報を得るとか気持ちを吐露させるとか、そんなことがまるでないのがいっそ気持ちいい。その二日後、ガンバレルーヤがゲストの時も(あまりのことに続けて見てしまった)、よしこのアンジェリーナ・ジョリーの顔マネに「……」となってる顔。純粋に「何かしらこれ」「へんなものだわこれ」という赤児のような反応。人は年老いて赤児に返っていくというが、黒柳さんは最近アイメイクもキツ目で、恐怖マンガのキャラクターのようでもあり、なのに精神は赤児で、もうこれはゲストによって黒柳さんがどういう反応をするかという番組なのだなあ。

黒柳徹子 ©文藝春秋

 さて指原莉乃とガンバレルーヤのあいだに河野景子が出た。これもすごかった。河野さんも黒柳さんに負けない異形ぶり。あくまで微笑みを絶やさず、貴乃花とは前向きな美しい離婚であり、息子の優一氏をはじめとして子供たちも全員明るく未来に歩いていくと語る。完璧な微笑の顔で。でも結婚当初は世間に悪口言われて壁に頭ぶつける自傷行為にも及んだと、さらに怖ろしい能面のような微笑みで語る。それを黒柳さんは「まあたいへん」と流していく。結果、河野さんのコワさが垣間見えた。黒柳さん、人の本性(みたいなもの)をむき出しにさせちゃう力も時に発揮するのだ。

INFORMATION

『徹子の部屋』
テレビ朝日系 月〜金 12:00〜12:30
https://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/

出典元

安倍官邸「最終決裂」菅義偉「令和の変」が始まった

2019年4月18日号

2019年4月11日 発売

特別定価440円(税込)