昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載池上さんに聞いてみた。

池上さんの解説「プーチン大統領の方が一枚上手だった」金正恩氏のロシア訪問

池上さんに聞いてみた。

2019/05/20

Q 金正恩氏のロシア訪問、両国の思惑は?

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長がロシアを訪問し、首脳会談が行われました。金正恩氏とプーチン大統領の初顔合わせとなりましたが、両国の思惑は何だと思いますか?(60代・男性・無職)

A プーチン大統領の方が一枚上手だったのです。

 北朝鮮の金正恩委員長のロシア訪問は、アメリカを牽制することが目的でした。ベトナムでの会談が決裂して以降、アメリカとの交渉再開ができないでいるからです。

 アメリカとの交渉を通じて経済制裁を早期に解除させようと考えていた金正恩委員長にとっては誤算です。

 中国を訪問したのに続いて、ロシアを訪問し、アメリカに対して「自分のバックには中国とロシアがいるぞ」と見せつけたかったのでしょう。

ロシアのプーチン大統領と北朝鮮の金正恩委員長 ©getty

 一方、ロシアのプーチン大統領にとっても、自国と国境を接する北朝鮮の存在は無視できません。金正恩委員長に会って恩を売ったのです。

 ただし、プーチン大統領にしてみれば、金正恩委員長が就任以来、ロシアを訪問しようともしなかったことに腹を立てているはずです。今回、金正恩委員長と会いはしましたが、経済支援などの言質は与えませんでした。プーチン大統領の方が一枚上手だったのです。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム