昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

元バニラビーンズ・レナ「便所飯をしていた女子高生が異色のアイドルになるまで」

レナさんインタビュー#1――アイドル戦国時代を振り返る

2019/07/07

「CDはひとり1枚でいい」

――いわゆる“釣り”みたいなことをやったほうがいいとは思いませんでしたか?

レナ やったほうが太いお客さんが掴めたのかもしれないですよね。バニビって相方がお金持ちと公言していた影響もあってか、「僕が支えなくちゃ」というファンの方が少なくて。それを私たちも自覚して媚を売ることをしなくなったんです。

 

――地下アイドルの場合はチェキの売り上げで収入も変わってくるので、“釣り”も必要になってくるのかもしれません。

レナ 「チェキでパーセンテージがもらえるから」と過剰に過激になっていく部分はあるのかなと思います。でも、私たちは給料制だったので、物販がどれだけ売れても直接プラスになることはなかっですし、CDだってひとり1枚でいいと思っていましたから。同じCDが何枚あっても聴くのは1枚でいいじゃないですか。

――CDが積まれることになるAKB48グループの選抜総選挙はどう見てました?

レナ 大変だろうけど、その分、彼女たちの報酬に跳ね返っていたらいいなと思っていました。バニビの場合は、相方がお金持ちだったことで、私だけ「給料を上げてください」とも言えなかったけど。2人組のいいところであり、悪いところでもあるんですけど、どちらかが少しでも飛び抜けることがよくないことと思っていましたね。

 

――例えば10人組のアイドルだったら飛びぬけた子がグループを引っ張るというパターンもあると思います。

レナ 2人組の場合はどちらかが飛び抜けるのは違うのかなって。2人組のアイドルは難しいと思います。最近のWHY@DOLLちゃんを見ていても感じます。はるなちゃん(浦谷はるな)はグイッといきたいんだろうけど、マイペースなちはるん(青木千春)を尊重したいだろうから難しいのかなって。WHY@DOLLちゃんからの相談に乗ったこともあるんです。2人組の悩みならアドバイスできるので。

 Winkさんみたいにパッと売ってすぐに引くならいいと思うけど、ジワジワ売ろうとするといろいろ出てきますから。他のグループのように五角形や六角形じゃなくて、2人だと向かい合ってしまうんですよね。

写真=川しまゆうこ

#2へ続く

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー