昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集観る将棋、読む将棋

初タイトル奪取の木村一基王位、帰宅しての一言目は「泣かされちゃったよ」

「おめでとう」で乾杯! 「観る将ナイト2019」レポート

2019/10/18

対局前日の夕飯は決めていますか?

 ここからは「将棋めし」の話になる。漫画『将棋めし』の作者である松本渚さんからは、「今期の王位戦で海鮮系の丼物を注文した時はすべて負けている」という鋭い指摘が飛び出し、会場は大いに盛り上がった。そして、対局前日の食事の話になる。

遠山 前の日の夕飯は決めていますか?

木村 私が好きなものをカミさんが作りますね。唐揚げかトンカツか、餃子みたいなものか。同じものを食べたいんだけど、験担ぎをするんですよ。前のときに負けたものは出さないってね。

松本 いい奥さんですね。

会場入り口にはお花も飾られた(写真提供:和泉桂 @izumi_k さん)

木村 ま、ご飯のことに関しては、好きなようにしてくれますね。今、娘が学校で弁当なので、一緒に弁当を作ってくれますね。

遠山 愛妻弁当ですよね。

木村 王位戦のインタビューで家族のことを聞かれて泣いちゃったのは、この弁当を作ってくれている姿を思い出したからなんですよ。私を置いて行ったトルコ旅行のことを思い出せば、泣かずに済んだのに。このへんが、まだまだ私の未熟なところで。

遠山 木村さん、トルコ旅行を楽しみにしていたのに対局が入って行けなかったんですよね。

木村 しかも、宅急便が届くというので、家で待っていたんですよ。今度、家族のことを聞かれたら、この旅行のことを思い出して、泣かないようにしたいと思います。

 

――記者会見では、ご家族への感謝について「帰ってから言います」と答えていましたが、実際にはどのように伝えたのでしょうか。

木村 第一声は「泣いちゃったよ」と言いました。そして今と同じ話をしました。トルコ旅行のことを思いだせば泣かずにすんだのではないかと。そしたら「そうだよね」と。そして、すぐに関西で順位戦の対局があったので「明日、朝早いから寝るわ」と寝ました。特にありがとうとか、感謝の言葉は言いませんでしたね。

感想戦のとき食べようかなと思っていたケーキが……

 この後、たびたび「食が細い」と口にした木村王位が、先日の王位戦の対局時には、ケーキも含めてすべて完食したという話に及ぶ。

――今までに残したことはありますか?

「観る将ナイト2019」のオリジナルメニュー(写真提供:いわ'な @iwana33 さん)

木村 負けそうだったので、ケーキを食べる余裕がないときがありましてね。感想戦のとき食べようかなと思っていたのですが、気がついたら下げられていた。

(会場笑い)

遠山 終わったら片付けられるんですかね。

木村 対局場によって違うんですよね。ただ「俺のチョコレートケーキどこ行った!」とか言えない。負けたのにみっともないでしょ。

松本 じゃあ投了前に食べれば良かったんですかね。

木村 でも「投了前に一口水を飲んだ」のところ「投了前にケーキを食べた」って、ねえ。投了前に水を飲むのは、声がかすれてはいけないから投了をしっかりと告げられるようにと定着していますが、そこでケーキを食べたらどうですか。定着しますかね。「投了するから、あなたも食べない?」とか言えないでしょ。

松本 佐々木勇気先生なら、食べてくれるかもしれない。

(会場爆笑)