昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

日本人は知らない大坂なおみの3つの側面「日本国籍はむしろプラス」「起業・投資に興味津々」

2019/10/31

「日本人とアメリカ人どちらだと思っていますか?」「このあともカツ丼を食べますか?」「もうちょっと笑える?」 記者たちの質問がつくりだす喧騒をものともせず、彼女はラケットを振り続ける。最後には人差し指を口に近づけて、静かにするよう指示する。

 そしてキャッチコピーの登場。「世界を変える。自分を変えずに。」。年間1,000万ドル契約と噂されるNikeキャンペーンは、国際社会における大坂なおみのイメージを見事に捉えた映像だ。

 

賞賛を呼んだライバルへの返信

「大坂なおみの自信と謙虚さの絶妙なるバランスは、多くの大人には決して真似できない代物だ」(Vogue)

 大坂なおみはアメリカでも非常に人気のあるテニス選手だ。知名度が上昇したきっかけは、もちろん2018年全米オープン決勝戦。対戦相手セリーナ・ウィリアムズと審判のあいだで激しい口論が起きたためブーイングに包まれるグランドスラム初優勝となったが、そこで冷静さと礼節をもって対処した姿にも注目が集まったのだ。

 ウィリアムズの謝罪メールへの哲学的な返信も賞賛を呼ぶ(ウィリアムズの審判への抗議について、「人々は強さを怒りと誤解することがある。2つの区別がつけられないから」と返信し、慰めていた)。こうして瞬く間に尊敬を集めた大坂は、アメリカの人気TV番組や一流雑誌からひっぱりだこな新星スターとなった。同試合で使用したラケットは1.5倍も全米売上をのばしたそうだ。

©getty

日本人の知らない側面1:静かで謙虚なスーパースター

「ネクスト・セリーナ」と見立てるメディアもあったが、両者は正反対のキャラクターと言えるだろう。北米において、黒人女性差別問題にも果敢に取り組むウィリアムズは偉人然としたスーパースターだ。

 一方、大坂なおみは、静かで謙虚な人物として受け止められている。TIME誌が「謝りすぎるほど謝る」と書いたこともあったし、英Telegraphに至っては「風変わりな新種スター──学園映画で例えるなら、食堂の端っこに1人で座っているオタク生徒、だが我が道を行くために独特の敬意を払われている」と評している。

 同時に今どきの若者らしい親しみやすさもはずせない魅力だ。グランドスラム優勝後もゲームやジョークを楽しむその姿は、ソーシャルメディアで若者を中心とするファン層を形成している。

「正直で礼儀正しく謙遜的な大坂なおみほど、グローバルで多文化な未来を象徴するテニス・チャンピオンはいません」(クリス・エバート、TIME100への寄稿文)