昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

高い食事をごちそうする男性は、女性にどこまで見返りを求めているのか?

「予約の取れない料理店」の予約を手に入れるとっておきの方法 #番外編

ごちそうしてくれる男性は何が目的なんですか?

大木 ははは、でも、例えば「松川」(食べログでも高評価の日本料理店。高いことでも有名)に食事に行きましょうと誘われて、食事が終わったら「5万円払ってね」と言われたら嫌じゃないですか?

斉藤 松川じゃないけど、そういうことは1回だけありました。もちろん払いましたけど、それなら先に言ってよって思った。

堀江 それはその人のプロフィールとか、お金持ちの度合いによって違うでしょうね。

斉藤 でも、やっぱりごちそうしてくれる男性は何を目的にしてるんですかね?

堀江 それはもうあわよくば何かしてもらおうと思ってるでしょうね(笑)。

大木 まあ、きれいな人を連れているという優越感を得たいため、というのもあるんじゃないんですか。

堀江 そうですね。1つは「きれいな子を連れてこんな店に来れる俺、すごいだろう」という自己満足。で、やっぱりあわよくば何かあればいいなと思ってる。

大木 だから割り切っておごってもらえばいいんじゃない!?

堀江 あとは誘ってくれた男性との交渉だから。その人のことが別にどうでもいいやと思えば、ごちそうさまでしたと言って帰ればいいし。

斉藤 そうですか。スッキリしました。あと、私の友達で、おいしい店には行きたいけど誰かに2人でいるところを見られたくないからって私に食事の席に来てとお願いするんですよ。でも男性からすればその女の子とごはん食べたいわけだから、どうしてお前まで来てるんだと冷たくされるんです。私だって、なんで今ここにいるんだろうみたいな(笑)。それって、その女の子が男性に好意を感じてないからなんでしょうね。

堀江 感じてないと思いますよ。でも、たまにそういうやついますよね。なんで友だち連れてくるんだお前、みたいな。

斉藤 あと会食の席になるとすごく盛り上げ上手な女性っているんですよね。たとえばワインを飲んだ時は「ほんとおいしい~」と大げさに言うし、男性の全然おもしろくない話でも「ほんとおもしろい~」みたいなリアクションをするんです。私は「え、今の話のどこがおもしろかったの?」と思うんですが(笑)。

 しかもそれが全然嫌味じゃない感じなので彼女は本当にうまいなと思うし、そういう女の子なら男性に誘われるのも確かにわかるなと思う。しかもそういう女性は、お友達間でわざわざこないだこの人と会った、みたいなことは言わないんですよ。マナーがすごくちゃんとしてるというか。

高価な日本料理店に誘われても……

大木 でもこの男はケチだっていう情報はすぐ広まるんでしょ?

斉藤 そうですね。ということはどこかで言ってるのかな(笑)。

堀江 だから斉藤さんはちょっと隙を見せた方がいいんじゃないですか?

斉藤 隙を見せるってどういうふうにすればいいんですか?

堀江 そもそもどう見せるかなんて考えない。禅問答のようですが。

斉藤 何も考えない?

堀江 そう。とりあえずフラットに相手を見て、別に正直に言うのはいいんだけど、正直に言ってる感を出すと言うか……だから何も考えない。あと、酔っ払った方がいいかも。普通に思考能力が低下するくらいお酒を飲んで私酔っ払っちゃったって感じになるのが一番いいんじゃないですか。僕はだいたいそうなってますよ。だから酒の量がすごい多いんですよ。ぶっちゃけ、若くてかわいくてまともな話ができる女の子ってほとんどいないんですよ。10人に1人いるかいないか。