昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集観る将棋、読む将棋

伊藤真吾五段と嫁Pが語る、『イトシンTV』の「イェイイェイ!」が生まれるまで

チャンネル登録25000人『イトシンTV』突撃インタビュー #1

2019/12/30

娘がユーチューバーになりたがっていた

――嫁Pさんは、伊藤さんがYouTubeをやるといったとき、どんな気持ちでした?

嫁P 実はあの家飲みの前からYouTubeやってみたらいいんじゃないかなと思っていたんです。

伊藤 えっ!?

嫁P その前にも「YouTubeやっている将棋の棋士はいないの?」と聞いたら「もういるんだよ」と言われて……。

伊藤 やりたかったんすか?

嫁P やりたかったというか、今、なにかやれることは……と考えたとき、YouTubeはいいかなと思っていました。

伊藤 ああ……。『イトシンTV』を始めたきっかけには、娘がユーチューバーになりたがっていたというのもありますが、自分がここ3年くらい何にもしていないという想いもあったんです。子供が生まれたので土日の時間を作りたくて、それまでやっていたレディスセミナーや子供教室をやめてしまった。それで普及の仕事を3年ほどしてなくて、なんかないかな……とは思っていたんです。

 

――では、何か機会がくるのを待っていた?

伊藤 そうかもしれませんね。

嫁P だからYouTubeを「やる」といったときから「よしよし頑張ろう」と思っていました。

伊藤 そういう感じだったんすね。あったまってたんすね。

嫁P まあ、本人のやる気だけは、私にはどうしようもないですから……。

――『イトシンTV』を二人三脚でやるのは、どういった感じですか?

嫁P 棋士の仕事には、協力できることがあまりなかったんです。YouTubeなら協力できますからね。

「イェイイェイ!」は「否」が多い賛否両論

 そういって嫁Pさんが微笑んだのが印象的だった。

 こうして始まった『イトシンTV』だが、番組名などの基本的なことはどうやって決めたのだろうか。

伊藤 例の家飲みのとき『イトシンTV』という番組の名前だけは決めていました。ヒカキンさんは『ヒカキンTV』なので、「イトシン」というあだ名の僕がやるなら『イトシンTV』だなと。

――あの「イェイイェイ」も、最初からやろうと決めていたんですか?

伊藤 『ヒカキンTV』も「ブンブンハローYouTube どうもヒカキンです」で始まるんですよ。そういうお決まりのフレーズがあるといいかなと「イェイイェイ」を始めてみたんですが、最初はすごい賛否両論あったんですよ。

――ははは(笑)。

「イェイイェイ」のタイミングでは、カメラマンの嫁Pさんも同じポーズに

伊藤 どっちかというと「否」が多い賛否両論が(笑)。「なんだあのイェイイェイは」とか「あれだけはやめてくれ」といった否定的な意見が多かった。でも、ある女流棋士の方が「あのイェイイェイがいい」と言ってくれたり、数少ない賛成意見に押される形で続けているうちに、みんな慣れてきたというか麻痺してきた感じですね。

取材日に収録された『イトシンTV』の「中飛車vs左美濃!銀の中央突破!?敵玉の桂頭を狙え!将棋ウォーズ実況第137回」