昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

年間250泊する私が選んだ「本当によかったホテル&旅館50」(2019年9月~12月編)

こんなのみたことない!函館の新リゾートホテル ほか

2020/01/13

genre : エンタメ, , 娯楽

■11月26日(火)アオアヲ ナルト リゾート(徳島県鳴門市)

アオアヲ ナルト リゾート(徳島県鳴門市)

 年度末近しということで原稿持ち込んで客室に籠もるリゾートホテルライフを計画したが、仕事しやすいデスク周りで感激。時間さえあれば、温浴施設をはじめ多彩な施設、イベントなど体験してみたいホテルだ。

アオアヲ ナルト リゾート(徳島県鳴門市)

 ディナーでおすすめは炭火焼き。海鮮、肉と食べきれないくらいのボリューム。〆のご飯、汁椀のタイミングでなんと土鍋登場。蓋を開けると梅豆乳鍋。サッパリしてスルスルと入っていく。淡路の玉ねぎと白ワインの相性も良い。

■11月30日(土)ホテルフォルツァ大阪北浜(大阪市中央区)

ホテルフォルツァ大阪北浜(大阪市中央区)

 宿泊特化型ホテルの供給過多が叫ばれる大阪の、しかも激戦区に新規誕生したホテル。24時間コーヒーは当然として、アルコール(ワイン)のフリーフロー提供(期間限定)もデフォルトになりつつあるのか。これから飲みに行くぞという食前酒的利用サラリーマンで賑わっていた。

ホテルフォルツァ大阪北浜(大阪市中央区)

 現在はインバウンド率は低いようだが、クオリティホテルだけに今後増加していくことだろう。もはや客室もクイーンベッド160センチ幅勝負か。地下鉄駅至近だが、大通りに面するより少し入った立地の隠れ家感は好きだ。

■12月01日(日)ホテル阪急レスパイア大阪(大阪市北区)

ホテル阪急レスパイア大阪(大阪市北区)

 JR大阪駅北側のヨドバシ梅田タワー9階~35階に大阪最大級の1030室で開業した「ホテル阪急レスパイア大阪」へチェックイン。ビルは高さ約150mの高層でB1~8Fは商業施設・リンクス梅田。旅先でちょっと欲しいものが手に入る、気軽に食事もできる。

ホテル阪急レスパイア大阪(大阪市北区)

 高さといい立地といい(ヨドバシといい)観光スポット的な人気ホテルになることだろう。早くも人気という「グリリアート クオッカ」という直営レストラン、ワインのフリーフローは秀逸だった。