昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《新海誠監督インタビュー》“三流SF”のような現実の中で僕らが出来ること

「君の名は。」「天気の子」を生み出した創作の原点を語る

2020/03/06

「最初の作品である『彼女と彼女の猫』が完成した直後のことです。出来上がった動画ファイルを、ディスプレイいっぱいに拡大してみると、それがひとつの作品、短い映画のように見えてきました。それを一晩中、一人でずっと、リピートしながら見続けていました。(注:『彼女と彼女の猫』は、4分46秒という短い作品)

 こういうものが作りたかったんだ、ということを、作ったものに教えてもらった気がします。存在してなかったものを存在させる喜び。結果的にはそれが、アニメの作品を作ることであり、監督をすることだったのですが」

『彼女と彼女の猫』(1999年公開)。4分46秒の短編。アマチュア向けCGアニメーションコンテスト「第12回CGアニメコンテスト」でグランプリを獲得

 新海監督にとって、『彼女と彼女の猫』は、もうひとつの忘れられない体験とつながっている。

「下北沢トリウッドという、50席もない、小さな映画館があります。そこで『彼女と彼女の猫』を上映してくれることになりました。仕事が終わったあとにそっと観に行ったのですが、その時は、観客が一人もいませんでした。結果的に自分だけで観ることになったんです。

 その時のことが忘れられません。映画館で作品をかけてくれる、ということにはものすごい高揚感を感じたのですが、でも、その先に『観客』がいてほしい。ですから、次には観客のための作品として『ほしのこえ』を作ったんです」

『ほしのこえ』は、初期の個人制作CGアニメーションとしては異例のヒットだった。DVDは6万枚近くが販売され、新海監督の名を世に広く知らしめるきっかけとなっている。この作品も下北沢トリウッドで上映されたが、今度は大入りとなった。観客は終電まで途切れず、何度も追加上映が行われた。

DVD『ほしのこえ』(2002年公開)。個人制作ながら6万枚を売るヒットに。コミックス・ウェーブ・フィルムよりDVD版が発売中

「観客のみなさんが拍手してくれるのを見て、『ああ、自分にもこういうことができるんだ』と感じて、次へのモチベーションが生まれました。結果として、初の長編である『雲のむこう、約束の場所』(2004年公開)を作ることになるのですが、今度は作ってみると、作ったことに対する反省も産まれます。

 苦労して右往左往して……観客は前よりさらに来ていただけるようになっているけれど、自分としては、作り終わるたびに『ほんとうはこんなはずじゃなかった』という気持ちになります。じゃあ、次はもっといいものを作れば、違うものを作れば観客はどう思うだろう……。その繰り返しです。

『観客に届けたい』という気持ちと、観客からのレスポンス。観客と作品の両輪があって、ずっと続けてこれたのかもしれないです」

DVD『雲のむこう、約束の場所』(2004年公開)。新海監督作品として初の長編。コミックス・ウェーブ・フィルムよりDVD版が発売中
z