昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

なぜテレビを離れ別々の道を選んだのか? キングコング西野・梶原が語るそれぞれの夢

source : 提携メディア

genre : ニュース

なぜテレビを離れ別々の道を選んだのか? キングコング西野・梶原が語るそれぞれの夢

 

視聴率20%超えの人気番組『はねるのトびら』(フジテレビ系)でブレイクしたお笑いコンビ・キングコング。彼らはなぜ、テレビの世界を離れて、別々の道を歩んだのか。

4月30日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)では、西野亮廣さんが行うビジネスや今だから語れるお互いへの本音などを告白した。

先を見越した戦略を盛り込んだ絵本

 

番組MCの坂上忍は西野さんの自宅を訪問。入るや否や、芸人の家とは思えないアンティーク感満載のオシャレすぎる玄関に驚く坂上。

 

30歳の時に購入したという自宅マンションのリビングは生活感がゼロ。床にはポップなアート作品が無造作に置かれ、壁にはあえて古びたインテリアを配置するなど、ハイセンスぶりを感じさせる空間になっていた。

絵本を描く際に使うアトリエには、西野さんが絵本のキャラクターを描いたりするアイデアが詰まったスケッチも。西野さんによると、絵本が生まれるまでに構想で1年ほど、1枚描くのに3週間ほど掛かるという。

 

そして、この部屋で生まれたのが西野さんの代表作「えんとつ町のプペル」。実は、この絵本には、西野さんの先々を見越したしたたかな戦略が隠されていた。

 

「絵本を絵本として終わらせてしまうとつながっていかない。例えばVR(バーチャル・リアリティ=仮想現実)。『えんとつ町のプペル』をVR化することを見越して、先に絵本を設計しなきゃいけない。そうすると、VR映えするために、どんな街にしたらいいかということを逆算すると、高さがある町の方が良い、となる。

VRでは“落ちるかも”みたいなこともポイントで、それで“えんとつ町”という設定にしようと。二次利用、三次利用しやすいように種を植えていくんです」

 

こう語った西野さんに「俺はあの絵本を読んだときにステキだなと思ったけど、そんなに金のニオイがしたのか…」と坂上がツッコむと、西野さんは「ファンタジーです!エンタメのニオイと言っていただきたい」とすかさず修正した。