昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

混乱後の人類、世界はどうなる? 壮絶「パニック映画&ドラマ」5選

SYO

2020/05/16

source : CREA WEB

genre : エンタメ, 映画, テレビ・ラジオ, 娯楽

 新型コロナウイルスが、依然として猛威を振るっています。なるべく人との接触を避け、自宅で過ごすことが大切――。しかしウイルスは目に見えないため、なかなか危機意識を持ちにくいかもしれません。

 そこで今回は、非常時の行動規範や思考を学べる「パニック映画&ドラマ」を5本ご紹介いたします。


#01『コンテイジョン』

動画配信サイトで視聴数急増No.1! 注目の映画

 

「新型コロナウイルスの状況に酷似している!」といま、動画配信サイトで視聴数が急増している映画です。

 未知のウイルスが、香港を起点に世界で蔓延。日に日に感染者が増え、医療崩壊が訪れ、パニックが起こり、街は封鎖され、世界が激変してしまう――。そんな世紀末の世界を描いています。

 各界の関係者に綿密な取材を行ったうえで作られた『コンテイジョン』は、世界保健機関(WHO)が実名で登場するなど、徹底してリアル。

 ウイルス発生後の一部始終が、「市民」「政府」「医療現場」それぞれの視点で克明に描かれ、私たちがいま生きる現実とのリンクに戦慄させられます。

 さらに恐ろしいのは、「その先」までも描いていること。もしこの作品のシナリオと同じように現実が進んでしまったとき、どのような事態が想定されるのか。

 「ワクチンが出来上がっても、すぐに終息することはない。そして起きたことは、元通りにはならない」という残酷な現実と、気が遠くなるほど永い闘いに、絶句させられます。

 しかし同時に「いま私たちはどう動くべきか」考える機会や視座も与えてくれるのです。

 観るのに勇気を要する作品だが、これ以上の「予防」になる“薬”もない――。そう思わされるほど、圧倒的な映画です。

コンテイジョン
DVD/Blu-ray 販売中
定額配信 U-NEXT、Netflix
ネットレンタル Amazon Prime Video