昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/05/22

「ドラマではラーメンをすする音を聞いて今の奥さんが台所に入ってきて冷蔵庫からキムチをだしてあげるでしょう。私だったら、思い切り後頭部をはたき倒しますね。こっちはすべてお見通しなのに知らないと思って、いけしゃあしゃあと……。今でもあのシーンを思い出すと、腹わたが煮えくり返ります」

 ドラマではラーメンをすする音が効果音として大きく響き渡っていたとこの女性は言うが、筆者はまったく気がつかなかった。

 筆者が一番印象に残ったのは、主人公以外の周りの人が元夫の不倫を知っていたということが明らかになるシーンだ。夫婦にしても他人との世界にしても、ぎりぎりの中で成り立っているものなのかもしれない、と思ったりした。

キム・ヒエさん。『夫婦の世界』ではそのファッションにも注目が集った ©getty

韓国の離婚率は1000人中2.2件

 ちなみに、韓国で離婚の3大原因は、「不貞」「経済」「性格の不一致」といわれ、40代以上になると「不貞」の割合が高くなる。韓国の離婚率は1000人中2.2件(日本は1.7件)。2015年までは「姦通罪」も残っていて、韓国では妻からも訴えを起こすことができた。

 ただ、証拠確保が難しく成立は至難の業といわれた。一緒に食事をしていた、どこぞの部屋に入っていったというようなものでは証拠にならず、現場の決定的な証拠が必要とされたためで、結局、5回目の憲法裁判所の審理で2015年2月に廃止になっている(日本では1947年に廃止)。

 ドラマ終了後、視聴者からは、「キム・ヒエが演じたからこのドラマを見た」という声が殺到していた。キム・ヒエさんは、韓国では演技派としても知られる、大スター。不倫ものには過去2回出演していて、2014年の『密会』では年の離れた年下との不倫に陥る女性を演じ、この作品も大ヒットしている。

『夫婦の世界』で共演したキム・ヨンミンさんは、「あれだけの感情の起伏がある、感情の極から極までを表現できる俳優はいないのではないでしょうか」と話す。キム・ヨンミンさんはこのドラマでは主人公の隣に住む会計士の役を演じていて、日本で今人気のドラマ『愛の不時着』では北朝鮮の盗聴係として登場している。

キム・ヨンミンさん。これまでもさまざまな役を演じ分けてきたが、今回もその七変化ぶりが話題に ©AFLO

 そういえば、コロナ禍でもこのドラマ放映が遅延することはなかった。キム・ヨンミンさんに『夫婦の世界』の現場の様子を聞くと、「感染者が増えた時は一層の緊張感が走りましたが、それでも、現場にいる全員がマスクをするなど細心の注意を払って撮影が続きました」と話してくれた。

『夫婦の世界』(原題)
KNTVで7/10(金)スタート 毎週金 20:00~23:00(2話連続)ほか

©JTBC studios & Jcontentree corp All rights reserved
Based upon the original series “Doctor Foster” produced by Drama Republic for the BBC, distributed by BBC Worldwide

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー