昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集観る将棋、読む将棋

藤井聡太棋聖の活躍で人気チャンネルに 歴代1位の視聴数を叩き出した対局とは

ABEMA将棋チャンネルプロデューサーに聞く #1

2020/07/17

「ABEMA」は、ネット広告事業を主とする株式会社サイバーエージェントが母体となって4年前に開局。2017年には、将棋番組を毎日無料で見られるという画期的な「将棋チャンネル」が開設された。タイトル戦や藤井聡太棋聖の対局を中心にした生中継はもちろん、オリジナル対局の「AbemaTVトーナメント」など独自制作番組も人気を集め、将棋ファンの毎日には欠かせない存在だ。

ABEMA将棋チャンネルは、藤井聡太棋聖誕生の歴史的瞬間も生中継していた(代表撮影)

 そんなABEMA将棋チャンネルの“中の人”はいったいどんな人なのか、どんな準備をして将棋中継に臨んでいるのか、ゼネラルプロデューサーの塚本泰隆さんと、プロデューサーの谷井靖史さんにインタビューした。

 場所は東京都渋谷区神宮前にあるABEMAのスタジオ「シャトーアメーバ」。中継で大盤解説に使う部屋を見せてもらいながら、話を聞いてみた。

(全2回の1回目。#2を読む)
※文中の段位などは、インタビュー当時のものです

◆ ◆ ◆

「おじさんの趣味」というイメージを変えたいと思いながらやってきました

――シャトーアメーバには初めて来ましたが、東京将棋会館から近いのですね。解説の棋士、女流棋士の皆さんも来やすそうです。

谷井 そうなんです。偶然ですが、東京将棋会館まで急げば徒歩6~7分くらいの距離です。対局の後に記者会見を中継したときは、走って汗だくになりながら2往復したこともあります(笑)。

プロデューサーの谷井靖史さん

――ABEMA将棋チャンネルは、ABEMA開局から1年後の2017年2月にスタートしました。チャンネルができたいきさつを教えてください。

塚本 弊社社長の藤田(サイバーエージェントとAbemaTV社長を兼務する藤田晋氏)と「麻雀最強位」にも輝いた棋士の鈴木大介九段が親しくしていて、先にABEMAに麻雀チャンネルができた時に「将棋チャンネルも作って、若者にも将棋を広めて欲しい」と鈴木九段からお話があったのがきっかけです。藤田は、麻雀だけでなく「将棋も面白い」と考えていましたから、じゃあやろうと。

――塚本さんは麻雀のプロ資格をお持ちだとうかがいました。

塚本 大学時代に麻雀のプロになりましたが、その当時はそれでは食べてはいけなかったので卒業後は他の会社で働いていました。その後藤田の麻雀の練習相手をしているうちに「麻雀チャンネルのプロデューサーとして来て欲しい」と話をもらい2016年の9月にAbemaTVに転職、麻雀チャンネルのプロデューサーを任されました。数カ月で将棋チャンネルの立ち上げが決まり、そちらも兼任することになりました。

ゼネラルプロデューサーの塚本泰隆さん

――転職時には20代だったわけですよね。それで、大きな仕事を任されるのは若い社員が多いサイバーエージェントらしいですね。実力があれば大きな仕事を任される社風なのですか。

塚本 実力があればというより、やりたいと手を挙げた人に仕事を任せることの多い会社です。私が将棋チャンネルに関わったのは手を挙げたわけではないのですが。将棋も麻雀も「おじさんの趣味」というイメージを変えたいと思いながらやってきました。