昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「人生を諦めたいと思う瞬間もある。けど……」三浦春馬がドラマ『太陽の子』に込めていた思い

CDB

2020/08/15

 本来であれば、3人で出演するはずの番組だったのだろう。2020年8月8日のNHK土曜スタジオパークには、15日に放送される特別ドラマ『太陽の子』から柳楽優弥と有村架純の2人だけが出演した。

三浦春馬 ©︎getty

構想10年、原爆開発に関わった若者たちの物語

 戦後75年目の終戦記念日に放送されることになる『太陽の子』は、10年前から構想がスタートしている。7月8日に広島放送局で行われた完成試写会の記者会見で、脚本と演出の黒崎博氏はこの物語が10年前に仕事で訪れた広島の図書館の片隅から始まったことを明かした。

 図書館のすみに眠っていた広島県史という資料集の中に、若い科学者の日記の残片があったのだと黒崎氏は語る。それは京都大学で原子物理学を勉強する若い研究者が残したもので、そこから黒崎博氏は大戦末期当時に京都大学で行われていた原爆開発、「F研究」に関わった若者たちを知り、「この若者たちの物語を形にしたい」と構想を練り始める。

©︎iStock.com

『神の火』(英語: Prometheus' Fire)と題し執筆されたシナリオは、2015年の「サンダンス・インスティテュート/NHK賞2015」にNHK推薦作品として出品され「スペシャル・メンション賞(特別賞)」を受賞する。それは黒崎氏が朝の連続テレビ小説『ひよっこ』でチーフ演出を担当する前のことだ。『太陽の子』(英語: GIFT OF FIRE)と改題してこの2020年夏の放送に至るまで、いかに長い間構想を温め、改稿を重ねてきたかがわかる。