昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/08/30

茂木敏充・加藤勝信・西村康稔 ★2.5 「『首相をやる』という気持ちが共通」

 茂木敏充外務大臣、加藤勝信厚生労働大臣、西村康稔経済再生担当大臣の3人も、「ポスト安倍」の候補者として名前が挙がってきた人々。この3人に共通しているのは、「俺が首相をやるんだ」という意欲ですね。

茂木敏充氏 ©文藝春秋
加藤勝信氏 ©文藝春秋

 茂木さんは非常に優秀な方ですし、世論への目配りも欠かしません。加藤さんは人間関係の調整が上手くて失敗が少なく、厚生労働省という巨大な役所の運営を担えるだけの実務能力もあります。西村さんは、コロナ禍対応のように、与えられた条件下で素早く決断する能力が飛び抜けています。

西村康稔氏 ©JMPA

 ただ、この3人の★はすべて2.5。茂木さんはフォロワーシップに課題があり、加藤さんも役所運営に手一杯で存在感を発揮できていません。西村さんは派閥の支持に課題があり大きな役所の大臣を務めた経験はないので、国全体をみる能力までは未知数です。

この記事の写真(9枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー