昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集観る将棋、読む将棋

運命の“第8局” 恐怖心を克服したボクサーのように、豊島将之のストレートが伸びる

第5期叡王戦七番勝負第8局観戦レポート #1

2020/09/20

「いやぁ、料理とお酒が素晴らしいので昨夜は少し飲みすぎてしまいまして」

 立会人の先崎学九段が、頭を掻きながら控え室に現れた。叡王戦第8局の対局場は、神奈川県秦野市の老舗旅館「陣屋」。将棋や囲碁のタイトル戦会場としても有名な陣屋には、食事のときに出されるオリジナルの銘酒「初陣の誉」がある。モーツアルトの曲を聴かせながら醸造することで、酵母の働きが活発になり独特の風味が出るという。

対局室に向かう長い回り廊下を着物姿の棋士が歩む

 今期の叡王戦は6局目を終えた時点で、永瀬拓矢叡王と挑戦者の豊島将之竜王が、2勝2敗2持将棋で並んだ。どちらかが4勝するまで決着がつかないため、七番勝負で31年ぶりの第8局が行われることになった。第7局は永瀬拓矢叡王が勝ち、本局に初防衛をかける。

対局室へ向かう豊島将之竜王

 陣屋には取材で何度か訪れているが、カメラマン的に魅力的な場所だ。対局室に向かう長い回り廊下を着物姿の棋士が歩む。ガラス戸から差し込む光を受けて、着物姿と日本家屋が見事に調和する。

 対局は午前10時から始まる。持ち時間は各6時間。開始15分ほど前に、挑戦者の豊島将之竜王が姿を現した。鳥の子色の羽織が瑞々しい。5分後に入室した永瀬拓矢叡王は、威容を漂わせる錫色の羽織を纏う。若きタイトルホルダー二人の姿が美しい。

 

 初手からの数手を撮影して控え室に戻ると、すでに手数が15手まで伸びていた。

「早いですね。ポンポン進んでます」

 モニターを観ながら先崎がいう。開始から20分ほど過ぎたとき、先崎が「よしっ」と言って、盤に駒を並べだした。

考慮時間わずかに30秒。迷いなく踏み込む

 ニコ生中継には広瀬章人八段と飯野愛女流初段が出演している。飯野女流はショートカットにした髪型がとても愛らしい。序盤の和やかなトークが続いていたが、突然飯野が声をあげた。

「あっ、仕掛けました」

 開始30分過ぎ、早くも豊島が動く。3筋の歩を突き捨てた。

対局は豊島竜王の先手番で始まった

豊島「あの形になったら仕掛けていくつもりでした。上手くいけば快勝できるし、下手をすれば逆にボロボロになる可能性もある将棋でした」

 豊島が1筋の歩も突き捨てた。激しい変化に突入するといわれていた手だ。考慮時間わずかに30秒。迷いなく踏み込む。恐怖心を克服したボクサーのように、ストレートが伸びる。永瀬が考慮に沈む。