文春オンライン

特集観る将棋、読む将棋

「重厚な将棋に憧れて……」17歳の女流棋士が“鉄板流”森内俊之九段に弟子入りするまで

「重厚な将棋に憧れて……」17歳の女流棋士が“鉄板流”森内俊之九段に弟子入りするまで

野原未蘭女流2級インタビュー #2

2020/09/25

先を越されて悔しいとかではなく、その人の努力を認めて喜ぶ

――全国大会に何度も出る中で仲良くなった子も女流棋士になっていますか。

野原 全国大会では他県の女の子たちと相部屋で泊ったりするので、友達は増えます。加藤結李愛女流初段、水町みゆ女流初段、礒谷真帆女流初段と仲良くなりました。真帆ちゃんには所司門などの奨励会員との研究会に誘ってもらったり交流もあります。大会で仲良くなったのはプロになるような子ばかりではありません。高校でデザインを勉強している絵が上手な子は、私のためにTwitterのアイコンを描いてくれました。私の似顔絵と好きなヒマワリの絵で気に入っています。

――プロになってすぐにTwitter(@200308milan)を始められたのですよね。ヒマワリはお好きなのですか。

ADVERTISEMENT

野原 はい、太陽に向かって凛として咲いているところが。夏生まれで夏が好きなんです。

 

――友達になった子が先に女流棋士になって活躍したことで焦ったことはありますか。

野原 礒谷真帆ちゃんが先に女流公式戦ベスト8に入って女流棋士になったときは、すごいなと思いました。アマでベスト8は可能なのだと励みになりました。加藤結李愛ちゃんが昨年、倉敷藤花戦で挑戦者決定戦に進んだのもすごいなと刺激になりました。焦るとか先を越されて悔しいとかではなく、その人が努力したことは認めて喜びたいと思います。

――人の努力の結果を共に喜ぶ晩成塾の教えですかね。ところで、今どれくらい将棋の勉強をしているのでしょうか。

野原 平日は学校から帰ったらすぐに将棋を始め、平均して2~3時間くらいです。実践型の7手、9手くらいの詰将棋に棋譜並べ、対局が近くなると相手の研究です。ABEMA中継も、どの将棋も勉強になるのでよく見ています。土曜日は2時間ほど叔父が開いている子ども将棋教室に教えに行き、残りは自分の勉強。日曜日は1日中勉強したりもしますけれど、息抜きにショッピングに行ったりもします。アマのとき、土日は大会や道場で対局が多かったけれど、コロナもあって今は1人で勉強がメインです。

棋譜を見て「これが野原未蘭だ」と分かるような将棋を指したい

――師匠の森内九段の他に憧れている棋士、女流棋士はいますか?

野原 師匠に一番憧れていますし、父がずっとファンの羽生善治九段にも憧れますが、佐藤康光九段の将棋が好きです。独創的で、見ていてワクワクします。私も英春流という変わった戦法を指しているので。

――10年後の目標を教えて下さい。

野原 難しいですね。1局でもいいから、名局と言われる素晴らしい将棋を残したいです。棋譜を見て「これが野原未蘭だ」と分かるような将棋を指したいです。

 

――今でも野原女流2級の将棋は見れば分かると言われていますが……。

野原 それは、初手に9六歩や、6二銀の英春流の出だしを指しているからですよね。例えば中井女流六段との対局では途中から見れば、銀冠VS矢倉で、私だと分かる将棋ではないと思います。森内先生の「鉄板流」、木村一基九段の「千駄ヶ谷の受け師」のように、途中から見ても「この将棋を指せるのは野原しかいない」と分かる将棋を残したいです。

――普及面ではやりたいことはありますか?

野原 将来的に女の子が将棋を指しやすい環境作りに貢献したいです。女子は1割もいなくて、私は周囲に恵まれましたけれど、男子に「女のくせに」のような嫌なことを言われた話もよく聞きます。自分が活躍して女流棋界を盛り上げることも貢献につながると思います。将棋の世界に女の子が増えることで、女流ではない女性の棋士も誕生するのかなと考えています。

写真=松本輝一/文藝春秋

INFORMATION

 野原未蘭女流2級が憧れる棋風を「鉄板」と揮毫した色紙を1名様にプレゼントします。

 プレゼントを希望される方は、文春将棋のTwitterアカウントをフォローした上で、こちらのツイートをリツイートしてください(※応募〆切は、10月2日23:59まで)。厳正な抽選を行った上で、当選者にはDMでご連絡を差し上げます。

この記事を応援したい方は上の駒をクリック 。

「重厚な将棋に憧れて……」17歳の女流棋士が“鉄板流”森内俊之九段に弟子入りするまで

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春将棋をフォロー