昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

女4人のルームシェア計画、理想の物件が見つかるが…立ちはだかった「30代の壁」

エッセイ『オタク女子が、4人で暮らしてみたら。』#2

2020/10/02

「通勤に2時間近くかかる」とこぼしていた友人

 星野さんは北関東在住で、たまに都内の同人誌即売会で上京してくるソシャゲのオタクだ。私も何回かお茶をしたり、お互いの推しのぬいぐるみを交換したことがある。角田さんとは観劇方面で趣味が合うらしく、私よりも仲が良かったと記憶している。たしか職場も北関東だったような?

角田「いや、星野さんは最近転職したんですよ。都内の会社に」

「なるほど?」

角田「こないだ会ったときに『通勤に2時間近くかかって大変だ』って、こぼしてましたね」

丸山「そらワンチャンあるのでは?」

 それはワンチャンありますな。早速、角田さんからルームシェアの話をもちかけてもらったところ、「気になります」と返事が来た。ヤッター!

 ちょうど週末、角田さんと星野さんは観劇に行く約束があるという。「善は急げ」とその日に話し合いの場を設けることに。会場近くの小ぎれいな喫茶店に集合した我々は、神妙な面持ちで、「我々は、この物件に住みたい。しかしながら欠員が出てしまいました。いかがでしょうか」と話を切り出した。

©️iStock.com

星野「たしかに、最寄り駅は今の職場から電車で20分くらいですね。今は2時間近くかけているので、そのあたりに住めるならいい話です。ウチの会社、転勤はあるっちゃあるけれど、向こう数年は私には回ってこないと思います」

角田「駅から少し遠いけれど、最寄り駅行きのバス停からは徒歩3分、駅前には自転車置き場も豊富なようです」

丸山「ちなみに、内装はこんな感じ(内見で撮影した“ハウス”動画を見せる)」

「家賃は21万円です。単純に4人で割ると5万円ちょいですが、家にいる時間の長い、我々フリーランスが多めに払うつもりではあります」

星野「ほほう……」

私・角田・丸山「いかがでしょうか!」

星野「両親に相談したいので、一度持ち帰っていいですか?」

「両親」というワードに、ちょっとビビる3人。こればっかりはなにもできないので、まんじりともせず待つしかないのであった。