昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

段田さんお気に入りの“幻のシーン”とは?

段田 僕はですね……第8話で、大和田の部屋に紀本が勝手に乗り込んでいたシーンがありましたよね。

――大和田が部屋に帰ってきたら、紀本常務が椅子に座っていて、振り返るシーンですね。大和田が半沢の動きを伝える代わりに「私を常務に推薦していただきたい」と言う……。

段田 あそこも結構好きだったんですが、その前の回で、実は大和田と「こういうわけだから、手を組もう」とやりとりするシーンが別にあったんです。それが非常に印象的だったんですが、結局使われなかったんです(笑)。そこはちょっと残念でしたね。

 

――それは幻のシーンですね! 機会があれば、ぜひ観てみたいです。『半沢直樹』は銀行が舞台の作品ですが、今回も多くの方が出演されている中で、特に紀本常務には「こんな感じの人、本当に銀行にいそう」というリアリティを強く感じました。

段田 今回の紀本役に限らず、どんな作品でも「あぁ、こういう人いるいる」と思っていただけるように、私も目指してやっています。こんな魚屋のお兄ちゃん、確かに近所にいるなぁ、みたいな。もしそういう風に観ていただけたなら、嬉しい限りです。ただ、私はちゃんとした会社に勤めた経験があるわけではないので、そもそも常務って専務の上なの、それとも下なの、という……それすらわからない、いい加減な人間なんですが(笑)。

後編に続く

撮影=佐藤亘/文藝春秋

INFORMATION

 段田安則さんが演出・出演を務める舞台『女の一生』が、11月2日(月)〜26日(木)まで、新橋演舞場で上演されます。

 上演日程やチケット購入についての詳しい情報は、下記ホームページにてご確認ください。

https://www.shochiku.co.jp/play/schedules/detail/enbujyo_20201031/

この記事の写真(13枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー