昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 「海軍」っていうやつ、めちゃめちゃ見たい!

小林 こうやって目の前に立つと、やっぱ気になりますよね。

 タイトルを見にいくだけでも、面白そうだもんな。

小林 そうなんですよ。こういう作品って、パッケージの表紙とか裏の惹句(じゃっく)に、「野良犬共の末路を見よ」 みたいな、とんでもないことが書いてあったりして興奮します。

 刺激的な言葉が眠ってるんですね。でも、最近はVHSのデッキを持ってる人がいないんじゃ……。

小林 あ、デッキも貸してくれるみたいです。

 まじすか。

小林 見てくれ! っていうエネルギーがすごいですよね。

 久しぶりにVHSをデッキの中に入れてみたいなあ。

小林 いいですよね。 

 ガシャンと飲み込んでいく感覚は、やっぱあの機械にしか出せないもんな。

小林 やっぱり、配信とかに戦う気概も感じますね。壁一面に根性がある。

 ハハハ!

小林 そこでは、「AIのオススメからの解放! 日本でここでしか出来ない映画体験」ができるんです。Netflixとか配信サイトは、「あなたのオススメです。これが好きではございませんか?」って先回りして提示してくるじゃないですか。接待され続けてお行儀の良いものばかりを見せられる疲れって、あると思うんです。

 確かに、それはあるかもしれない。

小林 その疲れからは、ここでしか解放されませんよ!

 へえ!

小林 お行儀のいい映画って、人物や状況を長々と紹介してくれる構成なんですよ。でも、ここに並んでる作品って、今何が起きているのかを教えてくれない映画ばかりなんです。

 観客を置いてけぼりにしてる、と?

小林 そうなんです、全速力で置いてけぼりにしてくれる。具合が悪くなるくらいに。

 その体験の中から何かが生まれるんですか?

小林 生まれます。俺は、「これはどこに連れてこられたんだろう」みたいな思いが、映画の感動の根源的なものだと思うんです。だから、今日は淳さんに、自分が借りてひどい目にあった「オススメしない映画体験」の話をしたいなと。

 ぜひ知りたいです。

◆「田村淳のコンテンツHolic」はTVerMBS動画イズムでも配信中です。

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー