文春オンライン

有楽町、上野、銀座…60年前の東京には何がある?《秘蔵フルカラー写真17枚・山手線東側編》

1950年代の日本橋 髙島屋は健在

日本橋(中央区)1958年6月29日 ©J・ウォーリー・ヒギンズ

 髙島屋の建物は今も健在だ。写真の奥に白木屋の「中元大売出し」という宣伝が見える。白木屋はすでになくなり現在はコレド日本橋が建っている。東京のスクラップ & ビルドのスピードはものすごく速い。

日本橋(中央区)1957年4月5日 ©J・ウォーリー・ヒギンズ

 57年に撮った写真では、東海道の起点となる街灯(東京市道路元標)がそびえ立っている。辺りには他に高い建物もない。この街灯は、東京からの距離を測る基準点となる大切なものだった。

日本橋(中央区)1959年4月18日 ©J・ウォーリー・ヒギンズ

ADVERTISEMENT

 次の59年に撮った写真になると、街灯の向こうに街灯より背の高い建物が目立つようになってきた。橋にも東京ゼロ地点となる街灯にも変化はないが、周辺が慌ただしく変わってきているのは感じられる。

関連記事