昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

有楽町、上野、銀座…60年前の東京には何がある?《秘蔵フルカラー写真17枚・山手線東側編》

 60年前の日本全国を貴重なカラー写真で撮影した『秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』と『続・秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』(ともに光文社)がロングセラーとなっている。

 著者は1927年生まれのアメリカ人、J・ウォーリー・ヒギンズ氏。1956年に初来日し、その後日本に60年以上在住。その間、当時貴重だったカラーフィルムで鉄道写真を撮り続け、現在はJR東日本国際事業本部の顧問を務めている。

 1950年代から60年代の当時の日本各地の様子をとった貴重な写真は、まさに「東京オリンピック前の日本」を描いた歴史的資料。その写真集から、終戦直後に撮影された東京の様子を特別にセレクトし、一挙掲載する。今回は山手線の東側編。(全2回の1回目/山手線の西側編へ)

◆◆◆

1960年の有楽町 今はなき日劇

有楽町(千代田区)1960年4月23日 ©J・ウォーリー・ヒギンズ

 右側に今はなくなった日劇がある。この周辺のビルのほとんどが今は姿を変えてしまったかと思うと、衝撃的だ。

1950年代の上野 そびえ立つ松坂屋百貨店

上野広小路(台東区)1957年3月 ©J・ウォーリー・ヒギンズ

 当時の東京の乗用車の台数は、まだ決して多いとは言えなかった。そう考えると、ここ上野広小路に集まっていた車の数の多さには驚かされる。右奥の大きな建物は松坂屋百貨店。