昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

お酒については以前から「やめる」という話はしていた

「最初からお付き合いを認めていたわけではないです。宮崎さんにはお子さんもいるし、菜月とは歳も離れているし、まだ離婚もされていないので、最初は不安でした。でも、娘は一筋な性格だし、宮崎さんも娘のことを真剣に考えてくださっていて。奥さまとの調停も終わって、離婚することも決まったと聞いていました。

深瀬のインスタに「#離婚調停」と書き込まれたことも 本人インスタグラムより

 宮崎さんとは写真週刊誌に撮られる前に都内で2度ほどお会いしたことがあります。スポーツマンらしく礼儀正しい紳士的な方だなと思いました。今もそれは変わらないです。ただ、お酒については自分でも酒癖が悪いことは自覚されていたようで、以前から『やめる』という話はしていたと聞いています。反省されると思いますし、その辺は直していただけると思っています」

甘いマスクで人気を博し、ハンドボール普及に貢献した ©時事通信社

 かつてはアスリートとしてファンを魅了してきた2人だが、すっかりお騒がせカップルとなってしまった。今後について聞くと、深瀬の母は次のように語った。

こんな誤解を受けたまま終わらせたくない

「菜月は宮崎さんに会えなくて不安なようですが、『彼が私のことをどう思っているかわからないけど、ずっとサポートしていきたい。こんな誤解を受けたまま終わらせたくない』って話していました。

「誤解を受けたまま終わらせたくない」と深瀬は話しているという 本人インスタグラムより

 今回、宮崎さんは加害者ではなく、被害者の一人だと私は思っています。彼は肩のケガをしていますけど、今もまだ諦めずにハンドボールに貢献していきたいという思いが強い方なので、記者さんには事実を報じていただいて助けてあげてほしいです。彼の人生を元通りにしてほしいです。それだけが願いです。もし、このまま2人の仲がうまくいかなくなったとしても、彼の名誉が回復して誤解が解けて、ハンドボール界のレジェンドとして頑張っていただきたいです。私は、娘も彼も応援してあげたいです」

釈放され、報道陣の前に現れた宮崎 Ⓒ文藝春秋 撮影・細尾直人

 深瀬や母の声は宮崎に届くのだろうか。3日夜、愛知県警中署から釈放された宮崎は、集まった報道陣の前で「この度は多くの方々にご迷惑をお掛けし、世間を騒がせてしまい、大変申し訳ありませんでした。今後この様な事が無いように反省していきます。申し訳ありませんでした」と深々と頭を下げたが、東京の自宅へ戻って以降、まだ沈黙を保っている(11月6日午前現在)。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(27枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー