昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「えっ今なんて?」と聞き返したくなる行動原理…バズるのに嫌われる『鬼滅』無惨様の魅力

CDB

2020/11/15

 今日も今日とてツイッターでは、無惨様のパワハラ会議のセリフ改変画像がバズっている。

 ネットをよく見る人ならどこかで見たことがあるかもしれない。『鬼滅の刃』第6巻、52話で鬼の首領である鬼舞辻無惨が、部下である下弦の鬼たちを集めてその不甲斐なさをなじり、一人一人処刑していくその理不尽さは、アニメ放送以降ネットでも話題になった。

 漫画内のセリフ部分を自分たちの会社事情に書き換えたツイートがバズったり、ニュース番組のパワハラ問題の音声をアニメの映像に被せたYouTube動画が100万回以上再生されたり、「無惨様のパワハラを適法に言い直すと」「無惨様がもし学校の先生だったら」などありとあらゆるバリエーションの大喜利が生まれヒットし続けている。

「お前は敵から逃げようと考えてるな」と詰め、それを否定すると「私の言うことを否定したな」と断罪する「無惨裁判」の理不尽さは、色々な人が身につまされるシーンなのだ。

アニメ公式サイトより

菅首相も、辻元清美も

 11月4日の衆議院予算委員会で、日本学術会議の問題などを追及する立憲民主党の辻元清美氏は「総理は鬼滅の刃のですね、セリフを一言おっしゃったけどね」と、2日に菅首相が「全集中の呼吸で答弁させていただく」と答弁したことに言及する形で、「最後に、鬼滅の刃の漫画の黒幕の言葉を、こうならないように、として紹介しておきます」と読み上げた。

「私は何も間違えない。全ての決定権は私にある。私の言うことは絶対である。お前に拒否する権利はない。私が正しいと言ったことが正しいのだ」。

「与党も野党もいったい国会で何やってんの?」と21世紀生まれの鬼滅世代のキッズたちは呆然としたかもしれないが、これは昭和の時代から続く「流行のネタを国会答弁に盛り込む」という日本の美しい伝統文化であり、豊漁を祈りイワシを海に呼ぶ儀式なので我慢してほしい。ともかく、ネットでバズりにバズった無惨様のパワハラ発言が国会審議にまで届き、めでたく議事録に残されることになった記念的瞬間であった。

 今回はこの無惨様の衰えないネット人気について考えてみたい。なお、前回のキャラクター人気ランキングの記事と同じように、今回の記事も『鬼滅の刃』漫画本編、アニメ、映画などのネタバレを含むのでお気をつけいただきたい。

これだけバズったのに無惨様の順位は23位

 さて、これだけネットでバズったにもかかわらず、前回のランキング記事で振り返ったように、第二回『鬼滅の刃』キャラクター人気投票における鬼舞辻無惨様の順位は、3年前の第一回から12位下がって23位、735票であった。部下である上弦の鬼のほとんどより下、そのさらに二軍である下弦の鬼である魘夢より7位も下という結果である。1位の善逸くんが17451票なのに。