昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/11/23

source : 文藝春秋 digital

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ

「秋山くんが面白すぎて、もうツッコミ要らないんですよ」

飯塚 怖いけど、でも、ほんとにワクワクしました。始まる前は、初めて(ロバート)秋山くんとガッツリ一緒にコントをやるから、ロバートとは違った感じの強めのツッコミとか入れてみたいな、自分の中でそれができたらいいなとか考えてたんですけどね。いざやってみたら、秋山くんが面白すぎて、もうツッコミ要らないんですよ。単体で面白いから。で、結局リアクターみたいになってて、気づいたらロバートの(山本)博くんのコピーみたいになってた。だから、要らないのよ、ツッコミ。強いツッコミ。

角田 なるほど。そうなるもんなんだ。

飯塚 最後におれが「無理~」って言ったら終わりっていう。

豊本 言うか言わないかで博くんとの差別化を図ってるのね(笑)。

 

飯塚 ギリギリ言わなかったけど。

角田 そうね。

飯塚 ギリギリ言わなかったけど、言いそうにはなる。

角田 一応言わないほうがいいもんね。

豊本 どっちか分かんなくなっちゃうから。

飯塚 分かんなくなっちゃうから。雰囲気もちょっと似てるし。でも、そういう「ああ、面白いな」と思ってる人たちと一緒にやれるだけでもうれしいですね。(ずん)飯尾さんとか。やっぱり面白いですもん。

「お客さんなしのスタジオコント」への憧れ

――角田さんはいかがですか。「コントの日」に参加してどんなことを考えましたか?

角田 スタジオコント、しかもお客さんなしの中でやるコントに対してはずっと憧れがあったので、それをやらせてもらっているのは本当にうれしくて。

――そうか、「コントの日」はお客さんなしですね。

角田 そうなんですよ。お客さんがいないんですけれども、一緒に共演者なんかと、ちょっと笑いそうになっちゃうみたいなあの空気とか、やっぱり楽しいですよね。『ウレロ』はどちらかというとライブに近いですからね。

 

――今までのコントの中で思い出に残っているものは?

角田 過去の放送で言うと、1回目の時に、居酒屋で、飯塚さんもいましたけど、僕は上司で、お会計の時に僕がお金をちょっと多めに払うみたいな空気になっちゃって、そこで格闘するというコント。「本番もっと動き回っていいですよ」って言われたので、必要以上に本番だけ動いちゃって、障子が破れたりとか。前半で破れたんですよ(笑)。「あ、これはもう撮り直しはできないな」と思って。もう突っ走るしかないと思ってビンタしたり、いろいろやっちゃったんですけど。それが一番記憶に残ってますね。

z