昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/11/23

source : 文藝春秋 digital

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ

「『ドリフ大爆笑』を見て育ってるんで、かつらをつけたい」

飯塚 そのコントで角田さんがちょっと白髪交じりのかつらをつけたんです。でも、あの役って年相応の役だから、あのかつらは要らないんじゃないかって、劇団ひとりにダメ出しされてました(笑)。

角田 やっぱりスタジオコント、『ドリフ大爆笑』を見て育ってるんで、かつらをつけたいんですよね~。

――なるほど。

角田 ヅラへのあこがれ。東京03ではやらないので。

――確かに普段の03のライブではやらない。

角田 で、ここでは要らないよね、というのは2~3回言われましたね。

飯塚 そうだよ、その前のコントでもあったよね。

角田 不倫のやつとか。

 

飯塚 やたらヅラかぶりたがるんですよ。全部要らないんですよ。

―― “南スリ”の時もかぶってましたっけ。

角田 あれはかぶってましたね。南スリはギリギリセーフということで。

飯塚 まあ、南スリも要らないっちゃ要らない。

角田 (笑)。かぶらせてよ~。かぶりたいのよ~。

飯塚 コントやってる感はあるよね。確かにね。

コンビニのセットに「ハチミツだけでも4種類」

豊本 「コントの日」は何よりセットが豪華ってみんな言うじゃないですか。細かいところもすごいんですよ。コンビニのセットなんて、映らないところまで商品が並んでるし。で、よく見たら、ハチミツだけでも4種類あったんです。コンビニとしてもすごく充実してる。

――普通コンビニには、あってサクラ印くらいですよね。

豊本 そうそう(笑)。ちょっとオシャレな商品も扱いつつ、幅広いニーズに応えるコンビニでした。

角田 カメラの台数だってビックリするぐらいあるじゃないですか、1つのコントに対して。7~8台あったりして。ビックリします、ほんとに。しかも(ハナコ)岡部くんと一緒にやった時に、岡部くん、朝ドラに出てるじゃないですか。カメラの方が朝ドラと同じ方だって教えてくれて。

飯塚 えっ。あ、そうなの?

角田 そう。『エール』を撮ってる方もいらっしゃるらしいんですよ。

 

飯塚 そうなんだ。てことは、その人が南スリ撮ってる可能性もあるの?

角田 南スリもそうだったかもしれない。

飯塚 すごいよね。てか南スリ南スリ当たり前のように(笑)。

角田 誰も分かってない(笑)。

飯塚 昨年のコント、「南米でスリを捕まえた事のある中堅俳優」の話ね(笑)。

z