昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載池上さんに聞いてみた。

「最高裁に持ち込む」作戦も困難になったトランプ氏 次の2024年大統領選も出馬できる?

池上さんに聞いてみた。

2020/12/01

Q トランプ氏は2024年の米大統領選挙も出馬できる?

 選挙の結果をめぐってアメリカのトランプ大統領が「不正があった」と声高に主張しています。もし今回いったん引き下がったとして、次回の2024年の選挙に出ることはできるのでしょうか。(30代・男性・自営業)

トランプ氏 ©JMPA

A 可能ですが…

 結論から言えば、可能です。連続二期までとなっていますから、一期で終われば、次の選挙に出馬できます。トランプ大統領は、いまのところ「選挙に不正があった」と主張していますが、結果が裁判で覆ることはないでしょう。そうなれば、いったん一般人に戻り、これから4年間、FOXニュースのコメンテーターになるか、別のケーブルテレビを買収して「トランプテレビ」をつくるか等の方策で、自分の存在感を示し続けるでしょう。なにせ7000万票以上を獲得しているわけですから、テレビ局としても、トランプ氏を出演させていれば視聴率が稼げるでしょう。

次期政権では「アメリカ史上初めて」広報幹部を全員女性にすると発表したバイデン氏 ©AFLO

 ただし、大統領の間は検察も訴追しませんが、一般人になれば、過去の犯罪で逮捕され、起訴される可能性はあります。ニューヨーク連邦地検が捜査を続けていますので。

 もし逮捕され、有罪判決が下って刑務所に入れば、立候補は難しくなりますが、それでもトランプ氏なら4年後を目指すかも知れません。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー