昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載クローズアップ

「もし仲間がうつ病になったら何と声をかけるか」……俳優・安田顕が知った「うつ病」のリアル

安田顕(演劇ユニット「TEAM NACS」メンバー)――クローズアップ

 将棋棋士の先崎学九段が、自らの経験をもとに執筆したエッセイ『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』(文春文庫)。この本を原作にした特集ドラマが12月20日、夜9時よりNHK BSプレミアムにて放送される。

 映像化にあたり、主役の先崎棋士を演じるのは安田顕さん。原作を読み、心を揺さぶられたという。

安田顕さん

「『うつ病』というと重くなりがちなテーマですが、淡々とした語り口で、時には真面目に、また時にはユーモラスに、病気に立ち向かっていく姿が描かれています。先崎さんの将棋に対する思い、病を乗り越えたいという気持ちが伝わり、ぐっときました」

 先崎氏がうつ病と闘っていたのは、将棋界のみならず日本中が藤井聡太ブームに沸いた2017年。7月のある日、大切な順位戦の盤面に集中できなくなった。頭のなかでは不安と死のイメージが駆け巡る。家族は精神科医である兄の先崎章氏に相談、章氏はすぐに入院を勧める。そこからおよそ8カ月、先崎氏は対局をすべて休み治療に専念することになる。

 安田さんはこの作品を通して、うつ病とはどんなものなのかを改めて知ったという。

「原作や脚本を読んで、うつ病の方がとらわれる希死念慮は『死にたい』ではなく、『死になさい』という脳からの信号なんだと知りました。またうつ病の症状は人それぞれと聞き、実際に先崎さんご夫妻からお話を伺ったのですが、先崎さん視点で描かれている原作を読むことに加えて奥様の話を伺ったことで、演技への取り組み方が定まりました。奥様からは、先崎さんがどう見えていたのか。そして何を感じたのか……。大変デリケートなお話を伺ったのですが、最初にそういうアプローチをさせていただけたことは、とてもありがたかったですね」