昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「高齢出産だからこそ“世の中には鬼みたいな人もいる”って…」再々婚・上原さくら(43)が明かしたコロナ禍出産の苦悩

上原さくらインタビュー #1

〈赤ちゃんが産まれたら、まず最初になんて声をかけようかな?と、考えていました。結果、意識が朦朧としてしまっていたので、助産師さんが赤ちゃんを私に見せてくれた瞬間、とっさに、こんにちは!!と言ってしまいました。(略)こんにちは、赤ちゃん。うわぁ....ほんとに可愛いよ~〉

 今年4月、第1子となる女児を出産したことを自身のブログで報告したタレントの上原さくら(43)。

再々婚し、今年春に43歳で出産した上原さくら。写真はブログで公開した出産前の様子(上原さくら公式ブログより)

 上原は17歳で『ホリプロタレントスカウトキャラバン』にてグランプリを獲得し、1994年に芸能界デビュー。バラエティ番組のほか、女優としてドラマ「ナースのお仕事2」(フジテレビ系)や大河ドラマ「利家とまつ」(NHK)などに出演。20代は華やかなタレント生活をおくった。

 一方、私生活では2003年以降2度の結婚、離婚を経験し、その後うつ病で入院、事実上芸能界を引退したが、38歳で一念発起して東海大学文学部に進学。昨年12月には、42歳で一般男性と再々婚をしたことが話題になった。

 上原は再々婚の直後、「文春オンライン」の単独インタビューに応じて、夫との馴れ初めから「結婚生活は我慢って考えは私にはありません」と結婚観を語っていた。あれから約1年、コロナ禍に出産し母となった上原は何を思うのか、ふたたび話を聞いた。

◆ ◆ ◆

妊娠検査薬の結果が出て「わ!!」となりました

――前回インタビューした際は、すでに妊娠されていたのですね。妊娠されたとき、何を思いましたか?

再々婚し、今年春に出産を経験した上原さくら(事務所提供)

上原 妊娠がわかったのは昨年の夏くらい。単純に年齢のことを考えると、確率は少ないと思い込んでいて、最初は全く妊娠に気付きませんでした。自分のなかで信じられない思いでした。

 妊娠が分かったときは「生理がきそうでこない」という状況で、「なんか具合悪いな」とも思っていたんです。それで薬局にいって、「いつになったら来るんだろう」と思いながらも生理用品を買って、矛盾しているんですけど、その日一緒に妊娠検査薬も買ったんです。それで結果が出て「わ!!」となりました。とにかく驚きました。