文春オンライン

写真で振りかえる2020年の日本を象徴する10の場面

今年日本を包んだのはどんな「笑い」だった? 2020年“ブレイク芸人10組”を振り返る

今年日本を包んだのはどんな「笑い」だった? 2020年“ブレイク芸人10組”を振り返る

8、宮下草薙

 第7世代と呼ばれる芸人の中で珍しい“ネガティブ推し”で売れたのが宮下草薙。ボケの草薙航基とツッコミの宮下兼史鷹のコンビで、草薙が後ろ向きの妄想を膨らませてパニックに陥る…というスタイルが多いです。

宮下兼史鷹公式Twitterより

ADVERTISEMENT

 ネガティブがベースにあるにもかかわらず、草薙も宮下もテレビ番組などではいじられると先輩でも関係なく噛みついていきます。「自己評価は低いのに、妙に強気」というギャップは、特にテレビのバラエティでは重宝され活躍の場を広げていきました。