昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/01/03

source : 文春文庫

genre : エンタメ, 読書, 社会, 働き方

パンデミック勃発!

 もう帰っていいよと帰宅の許可が出たのに、憔悴した私たちはなかなか立つことができなかった。と、その時、

「あれ、なんだか……おかしい」

 突然、左隣の男の子が苦しげに声を上げた。

 なんだろうとそっちを向くと、その子の顔は真っ青を通り越して土気色だった。

「ちょっと! 大丈夫!?」

 みんなが駆け寄ると、彼はガチガチと震えていた。ひどい熱がある! と、周囲が慌て始めた。なんと彼は、入社初日にインフルエンザを発症したのだった。

感染症の温床ともいえるコールセンターの環境

 実はコールセンターというのは高温多湿で人が多く、そこで働く人々は一日中電話でしゃべっているという環境なので、インフルエンザを始めとした感染症の温床であり、むしろ培養槽といってもいいほどに病原菌が繁殖しやすい環境なのだった。

©iStock.com

 私もコールセンターで働くうちにインフルエンザ、ノロウイルス、ありとあらゆる病気が季節ごとにパンデミックするのを目撃してきた。

 病原菌のパラダイスであるコールセンターで働く人々は、そこで働くうちに否が応でも抗体を作るのだけれど、まだ免疫のない新入社員はあっさりとコールセンター産のインフルエンザをお土産にもらってきてしまったのだ。

 倒れた男の子を皮切りに、この“コールセンターインフルエンザ”は新入社員を次々と襲い、入社1週間で新人数人が病欠という状態を生み出した。まるで、この後の出来事を象徴するように――。

(これからどうなっちゃうの!?)

 生き残りをかけたコールセンターサバイバル生活の、幕開けだった。

督促OL 修行日記 (文春文庫)

榎本 まみ

文藝春秋

2015年3月10日 発売

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春文庫をフォロー