昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「死ぬ」「殺す」とわめく多重債務者たち…“仕事=怒鳴られる”コールセンター地獄の実態

『督促OL 修行日記』より #2

2021/01/03

source : 文春文庫

genre : エンタメ, 読書, 社会, 働き方

「人見知りで話しベタで気弱」を自認する新卒女性が入社し、配属されたのは信販会社の督促部署! 誰からも望まれない電話をかけ続ける環境は日本一ストレスフルな職場といっても過言ではなかった。多重債務者や支払困難顧客たちの想像を絶する言動・行動の数々とは一体どんなものだったのだろう。

 現在もコールセンターで働く榎本まみ氏が著した『督促OL 修行日記』から一部を抜粋し、かつての激闘の日々を紹介する。(全2回の2回目/前編を読む)

◇◇◇

“ブラック部署”の紅一点!

「入社おめでとう~!」

「よろしくお願いします……」

 ある日、私は先輩にボスの前に連れていかれた。

 紹介されたT課長は、コールセンターの現場責任者だった。年の割に背が高くがっちりとして、なぜか春なのに日焼けしている。さすがに、コワモテぞろいの督促軍団を束ねている人といった屈強なオーラがあった。一見ダンディなのに、眼光が鋭い。チラリと視線を向けられて、私は一瞬にしてびびる。

©iStock.com

 ところが、

「男子校へようこそ~!」

 いきなりT課長はギュッと私の手を握ると、満面の笑みで私を迎えた。ん? 待てよ、今なんかこの場にそぐわない言葉が。

「男子校?」

 私はクエスチョンマークを浮かべて連れてきてくれた先輩に目線を送った。すると先輩は少し気まずそうな顔をしながら「今、この部署には女性社員がいないんだ」とこっそりと教えてくれた。

 なんと、この督促をしているコールセンターには現在、事務をしている社員以外、女性社員がゼロだった。電話をする業務に就いていた女性社員は、キレイに全員前月で辞めてしまっていたのだ。

 それから、男性ばかりがひしめき合っているこのコールセンターは、社内で「男子校」と呼ばれるようになった。どうりで、なんだかこのフロア、体育のあとの教室の匂いがするというか……ぶっちゃけ、汗臭いと思った……。

「男性ばっかりだとどうも身だしなみも乱れがちだしね、女子社員欲しかったんだよ~、あ、辞めないでね!」

 ぱっと見渋いその外見に反して、T課長はとっても軽い調子で話す人だった。この人、なんだか高田純次に似ている……。高田純次課長。私の直属の上司って、こんなんなの?

「え、N本と申します、よろしくお願い致します」

 私はひきつった笑顔で、そう答えるしかなかった。

 イケメンパラダイスの夢やぶれ……

 コールセンターには三つのチームがあったけど、女子社員も三人。1チームに一人が配属されたので、私たちは必然的にチームの紅一点になってしまった。

(これはモテの予感!?)

 “紅一点”という言葉に内心ちょっとした期待も抱きながら、自分が所属するチームに連れていかれると、そこは本当に男性ばかりで一面ひしめき合うスーツの群れだった。私はまさに男子校に間違って入学してしまった女子生徒状態。あれ? こんな設定の少女漫画があったような気がする。

 が、しかし……。実際の男子校はイケメンパラダイスとは程遠かった(失礼)。おまけに、コワモテ督促軍団は、「こいつホントに督促なんてできんのか?」とでも言うように値踏みするような視線を送ってくる。