昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

進む新型コロナのワクチン開発…感染症医が「接種開始後に“混乱”が起こります」と断言する理由とは

『僕が「PCR」原理主義に反対する理由 幻想と欲望のコロナウイルス』より #2

2020/12/26

 日々動向が注視される新型コロナウイルスのワクチン開発。国外ではすでに接種が開始されている国もあり、日本でもワクチン接種に向けて、さまざな準備が進められている。しかし、果たしてワクチンは安全で効果があるものなのか、そして、ワクチンの接種はどのように進められるのか、何かしらのトラブルは起こりうるのか。まだまだその実態は明らかになっていない。

 ここでは、感染症医・岩田健太郎氏によると著書『僕が「PCR」原理主義に反対する理由 幻想と欲望のコロナウイルス』を引用。新型コロナウイルスワクチンの開発・接種を足掛かりに、本当に考えなければならない「未来の医療」について考える。(全2回の2回目/前編を読む)

◇◇◇

ワクチン後の世界

 僕は臨床医で、患者さんと向き合うことが仕事です。一般に向けて未来予想を発信するのは、臨床医の仕事ではありません。しかし、それでも未来の話をするのは無用な混乱が起きてほしくないからです。

 2020年10月現在、世界中でワクチンの開発が進められています。この先どうなるのか、僕はわかりません。しかしかりにワクチンが開発されたとしても、それは決定打にはならないだろうと考えています。感染を100パーセント防げるパワフルなワクチンは開発されず、「重症化を三割減らす」とか「発症を半分に減らす」といった比較的マイルドなワクチンになるだろうと思うのです。

©iStock.com

 もちろんこれは予想ですから、外れるかもしれません。フタを開けてみたら、奇跡的に効くワクチンが開発されるかもしれない。そうなればどんなにすばらしいだろうとは思いますが、奇跡というのはそう簡単には起こらないものです。

ワクチンが招く混乱

 効果はどうあれ、もしもワクチンが開発されたとしたら、確実に起こるであろうことが一つあります。ひとことで言えば、それは「混乱」です。

「とにかく一刻も早く接種したい」

 と無我夢中でワクチンに飛びつく人が多数出てくる一方で、

「ワクチンを打つと副作用で死ぬ」

 とか、

「ワクチンを打つくらいなら、わざとコロナにかかって自然免疫をつけたほうがいい」

 といった陰謀論的な話も出てくるだろうと思うのです。そういう陰謀論めいた喧伝をしている人はすでにいますが、それがさらに増えるでしょう。

「誰を優先するのか」

 ということも大きな問題となるでしょう。新型コロナの感染を広げている母体は若者で、重症化リスクが高いのは高齢者です。では、どちらを優先するのか。そういう世代間論争が起こるだろうと思うのです。

 子どもの感染リスク・重症化リスクが低いことはすでに明らかになっていますから、子どものワクチン接種後回しにするのが妥当な判断です。しかしその判断に対して、まず間違いなく激しい批判の声が上がります。どこの国でも同じでしょうが、ことに日本人は子どもを過剰に大事にする傾向があります。

 もう一つ、「日本人を優先しろ」という声も上がるだろうとも思います。「在日外国人は後回しにしろ」とか「あいつは日本人のフリをしているが、実は外国籍だ」などといった、聞くに耐えないような声も出てくるかもしれません。デマもたくさん流れるでしょう。