昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/01/15

source : 文藝春秋 digital

genre : エンタメ, 芸能, 娯楽, 社会, 読書

「勝俣さんって、『テレビの才能』がものすごくあると思うんです」

——そう言われるとよくわからないですね……。

村上 確かに存在している職業なんですよね。テレビでよく見るタレントさんって、たくさんいらっしゃいますよね。でも、自分で「私はテレビタレントです」って言う人は少ないと思うんですよ。そんななか、異彩を放っているのが勝俣(州和)さん。

——え、勝俣さんですか?

村上 勝俣さんって、「テレビの才能」がものすごくあると思うんです。まず、テレビ業界の顔見知りが多い。誰とでも話せる。とにかく明るい。トレードマークとなる半ズボンを穿いてたり。そしてあの髪型。ずっと変わらないですよね。テレビタレントの象徴と言うか、その要素をすべておさえているんじゃないかなと僕は思うんですよ。

©️文藝春秋

 どなたかが以前、「勝俣さんのファンは日本に一人もいない」っておっしゃってたんですよ(笑)。本当に失礼ながら、真芯を捉えている言葉だなと思ってしまったんです。でも、絶対みんな勝俣さんのこと知ってるじゃないですか。一つの答えとして、テレビタレントってもしかしたらああいうものなんじゃないかなって思います。

 僕は、他にもテレビで重宝される人って、飛び抜けた本物感のある人なのかなと個人的に考えています。マツコ・デラックスさんなんて、正に。だから、今まであったイメージ商売みたいなものは限界に近づいているんじゃないかなと思ったりもします。自由に発言できるSNSなどが普及して、みんながみんな嘘というものに敏感になってる。その中で、キャラクターを作り上げて売り込んでいくっていうのはなかなかに至難の技な気がします。結局のところ、ありのままの人間の魅力には勝てないと僕は思うので。だから僕も、いろいろなメディアでありのままの自分を出して行けたらと思っています。

©️文藝春秋

 しずる村上純さんのインタビュー全文「『吉本芸人×『何か』が価値を生む。だから辞めない』 しずる村上純の“個人の時代だからこそ所属し続ける”組織論」は「文藝春秋digital」でお読みいただけます。

下記サイトでこの記事をより詳しく購読できます↓
※ロゴをクリックすると各サイトへ移動します
文藝春秋

この記事の写真(10枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー