昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/02/01

source : 文春文庫

genre : ニュース, 社会, 政治, 経済, 読書

特捜部が目をつけた重機裏取引

〈「小沢幹事長側に1億円」 水谷建設の関係者供述〉

 2009年11月19日、共同通信がこう題した記事を配信した。水谷建設による小沢事務所への裏献金疑惑は、ここから浮上する。記事は以下のように書いていた。

 民主党の小沢一郎幹事長側に、重機械土木大手「水谷建設」(三重県桑名市)の関係者が「2004~05年、計1億円の現金を渡した」と東京地検特捜部の調べに供述していることが18日、分かった。この関係者を含む複数が共同通信の取材に対し認めた。

 小沢氏関連政治団体の04、05年の政治資金収支報告書には、該当する寄付などの記載は見当たらず、供述通りなら、献金の不記載などを禁じた政治資金規正法に抵触する可能性が浮上。裏献金の疑いもあり、特捜部は慎重に捜査している

 むろん特ダネを狙っていたのは、共同だけではない。さらに日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」(日曜版、09年11月29日号)が、裏金に関する具体的な供述内容を詳報する。

〈スクープ新証言 ホテルで5000万円ずつ秘書に渡した〉

 水谷功の実名をあげ、衝撃的なタイトルの記事を掲載した。

 民主党の小沢一郎幹事長側にダム工事をめぐり1億円を提供した─。巨額脱税事件で実刑判決を受け服役中の水谷建設元会長・水谷功受刑者が、東京地検特捜部の調べにそう供述しています。編集部は同社関係者から新たな証言を得ました。現金5000万円を2回、都内のホテルで小沢氏の秘書に渡したというのです

 2回で1億円。これが問題の全日空ホテル(現・ANAインターコンチネンタルホテル東京)における裏献金報道である。共同通信と赤旗の記者はどちらも検察情報だけでなく、まだ獄中にいた水谷本人から話を聞き出していた。赤旗が少し遅れたのは、日曜版の記者が担当したからだが、記事の中身はよりいっそう濃い。いずれも政界きっての実力者の致命傷になりかねないスクープ記事だ。事実、この2連発の記事により、小沢一郎の政治とカネ問題の火の手があがったのである。

なぜ水谷は獄中告白したのか

 それにしても、なぜ水谷は唐突にこのようなことを捜査当局に供述し、獄中にいながらマスメディアにまで話をしたのか。疑問が残る。

©iStock.com

「水谷功は仮釈放が欲しいため、法務・検察におもねって虚偽の供述をしたに過ぎない。裏献金の事実はない」

 小沢サイドの言葉を信じきっているのか。一連の裏金報道に対し、小沢にそう肩入れする識者も登場した。しかし、仮釈放欲しさに白状したという論理は妙だ。仮に東京地検特捜部が、自分たちの捜査の筋書きに合うような望みどおりの供述を得られたとする。その場合、捜査側としては、むしろ証言者を表に出さないほうが得策である。もし水谷が自由の身になり、小沢サイドに抱き込まれて供述を翻されたらたまったものではないからだ。

 特捜部に限らず、通常、捜査当局は取調べなどの捜査情報がマスメディアに漏れることを嫌う。刑務所は検察の所属する法務省管轄なので、メディアサイドの面会を制限し、検察側がしばらく水谷供述を隠しておく気になれば、それはさほど難しくはない。にもかかわらず、記者たちが獄中インタビューできたわけだ。それはおそらく、検察側もある程度取材を容認していたからに違いない。もっといえば、検察側が意図的にそう仕向けたと見えなくもないのである。