昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載完全版ドキュメント・北九州監禁連続殺人事件

2021/02/02

genre : ニュース, 社会

「ああ、生きとったんや」「あ、生きてたんだ」

 Z氏は、2002年に松永逮捕の一報を受けた際、「ああ、生きとったんや」との感想を抱いたという。その理由について、「ヤクザの上部団体のカネをつまんで追われとったから、いま頃はもう、どっかに沈められとるやろと思ってた」からだと説明する。

 冒頭に登場した元愛人の絵里子さんも、松永の逮捕を聞いて、過去のトラウマが蘇るとともに、Z氏と同じ驚きを禁じ得なかった。

「あ、生きてたんだって。ていうか、もう殺されてると思ってたんで……」

 彼女がそう感じたのは、次の経験をしていたからだと聞いている。

「借金の返済でおカネが必要になり、昔働いていたラウンジに戻ったんですね。そのときにヤクザの組長が私に会いに来て、松永の居所を聞かれたんです。詳しい話はされなかったですけど、『どこにおるか知っとるやろ?』みたいな感じで、自分みたいな一般人からしたら、もう怖くて、怖くて。それで松永がヤクザに追われていることを知りました。同じくらいの時期に、ワールドの前を通りかかったら、怖いおじさんがいっぱいいて、松永の白いベンツが引っ張られて行くのを見たりとかしていたので、これは見つかったら殺されるに違いないって……」

小学生時代の松永太死刑囚(小学校卒業アルバムより)

 逃亡の11年前である1981年、地元・柳川市でワールドを設立した松永が思い描いた“大いなる野望”は、かように潰えたのだった。だが、彼は追っ手から逃げのび、そこからさらなる凶悪犯罪に手を染めることになる。

この記事の写真(8枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー