昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/02/14

source : 提携メディア

genre : ライフ

 もちろん、死なせぬように動くのだが、根底にこの考えがある。こうした主人公像は非常に新しく、同時に極めてリアルだ

 私たち自身、人はみな死ぬことを知っている。そのことを、ファンタジーの世界にしっかりと持ち込んで、主人公に言わせる『呪術廻戦』は、ある意味で「嘘をつかない」作品ともいえる。

主人公・虎杖に降りかかる容赦ない試練

 さらに、本作の偉大な部分は、「心は治らない」という真摯な目線だ。

 虎杖は目の前で大切な人を殺されたり、両面宿儺に取って代わられ、好き勝手に暴れられたりと、とにかく追い込まれていく。さらには、「呪霊」という敵によって改造された人間を倒さなければならなくなる。

「人を“正しい死”に導きたい」と思う主人公に、人を殺させる試練をぶつける冷酷さ。本作では第1話から最新話に至るまで、虎杖に徹底的に試練を与え続け、そのたびに絶望しながらも、また立ち上がるさまを描く。

 しかし、克服かというと少し異なっており、心が完全に治ることはないが、消えていった者たちの分も自分がいま動かなければならない、という使命感によって虎杖が戦いに赴いていくという心理描写が絶妙だ

 そもそも『呪術廻戦』における“呪い”とは、人間の負の感情から生まれ出るものであり、簡単に消えてくれるものではない。虎杖の同級生である伏黒恵も釘崎野薔薇も、“過去”にとらわれている。戦いのたびに心の傷が増えながらも、彼らが前進する姿は、“人”を丹念に描いている本作ならではの描写だ。

 作者の芥見下々氏は「ヒロアカのような、雑誌、延いてはジャンルの柱があるからこそ、新人(わたしたち)はトライ&エラーができるんです‼」と語っており、本作が試行錯誤を繰り返しながら見せてくれる斬新さが、次代を作っていくことだろう。

3.『チェンソーマン』

“発明級”の主人公像に「こういったアプローチもあるのか!」

『チェンソーマン』(藤本タツキ) 全10巻/集英社

『僕のヒーローアカデミア』や『呪術廻戦』は「生真面目さ」が根っこに流れているが、それらとは少々ズラしたアプローチで、人間の本質を描こうとしているのが『チェンソーマン』。2020年の『このマンガがすごい!2021』オトコ編で第1位に輝いた話題作だ。

z