昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載完全版ドキュメント・北九州監禁連続殺人事件

2021/02/16

genre : ニュース, 社会

山形さんの母親が付けていた出納帳の内容

 件の出納帳には、山形さんの名前を記した〈康介出費〉との項目があり、始まりは昭和60年(85年)である。それは次のように記載されている(和暦を西暦に変更)。

〈◎85年

 ・3月22日 293,500円 ワールド布団代

 ・12月24日 1,000,000円 車代、松永さんより買う

 ◎86年

 ・2月10日 123,000円 ××信販支払い

 ・2月10日 118,600円 ××(ノンバンク)支払い

 ・3月19日 296,425円 ××(ノンバンク)支払い

 ・4月1日 500,000円 康介事故修理

 ・10月8日 300,000円 現金希望

 ◎87年

 ・2月16日 900,000円 カーペット代

 ・3月22日 100,000円 現金希望

 ・4月7日 1,500,000円 クレジット

 ・7月10日 350,000円 車検代〉

©️文藝春秋

 ここまでを見てわかる通り、85年だけでも支払額は計1,293,500円あり、86年には計1,338,025円、87年は計2,850,000円と増えていっている。なお、金融機関への「支払い」との表記があるように、母親が山形さんに送金するという方法に限らず、借入金の支払いを肩代わりしたものも含まれていることを、付け加えておく。

ワールドの経営悪化で一気に増額へ

 このような年間数百万円の支払いは、まだ“とば口”に過ぎなかった。ワールドの経営状況が悪化するにともない、松永に命じられるまま山形さんが母親に無心、または支払いの肩代わりを要求してきた金額は、一気に増加していくことになる。

かつて北九州市にあったワールド支店(筆者撮影)

 以下年間の合計額だけを記すと、88年は計8,824,620円、そして昭和から平成に移り変わった89年には、その金額は前年の約4倍である計34,320,000円にまで膨らむ。

 ただしこの89年についていえば、用立ててもらったカネの一部に関して、返済の意思があることを示すため、ところどころで母親に返金しており、返済額は計6,450,000円あった。そのため母親の手元から出た金額は、結果的に計27,870,000円となる。

 ちなみに、85年から88年までの間も、若干の返済があったため、それらを引き、すべてを集計すると、85年3月から89年11月までの支払い総額は41,376,145円だった。母親から山形さんへの最後の送金は92年12月であることから、89年末から約3年間で、残り9000万円弱が支払われたことになる。