昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/02/20

――暗い役ですよね。美形ゆえにモテすぎて、それがトラウマになってしまったという……。

田幸 高校に入学するときにモテないように、坊主頭にして、ブレザーのジャケットをズボンの中に入れるという珍妙な服装をするんです。でもその坊主頭の美しさが格別で。坊主って何の装飾もないので、美しさがシンプルに際立つ。これは目立つな、これはしょうがないよ、モテちゃうよというのが、説明不要なんです。彼は本当にキラキラ。隠しても隠しても出てしまう美しさみたいなところで、今後売れていくだろうなと思いました。

 ドラマだけじゃなくて、「あざとくて何が悪いの?」(テレビ朝日系)にゲスト出演した時も絶賛されていました。あざとかわいいのもやれるんですよ。あざとい役をドラマで演じたら、一気にさらに来るだろうなと思います。

多数の話題作に出演の実力派

――続いて、ラストですね。ネクストブレイク俳優5人目は落合モトキさん。落合さんは出演作が多いですよね。

「文春オンラインTV」より

田幸 子役時代からずっと活躍されていて力もあるのですが、ブームに乗りそびれがちな方なんです。例えば「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)はシリーズ化されて社会現象になったのですが、パイロット版として放送された単発ドラマの方に落合さんが出演されていました。単発の時からすでにメチャクチャ面白くて、その立役者の1人だったのに、シリーズ版に出演していなかったことでブームには乗れなかったんです。

 映画「桐島、部活やめるってよ」にもメインキャストの1人として出演しているんです。クラスの中心メンバーで、“イケてる帰宅部”の役でした。「桐島」からは東出昌大さんや松岡茉優さん、山本美月さん、仲野太賀さんらがブレイクしていったのですが、彼はやっぱりちょっと乗りそびれたところがある。